因果応報の解説。人間界にも惑星外にもある。

因果応報の解説。人間界にも惑星外にもある。

「因果応報」の初歩段階の捉え方としては、人生に悪しき種をまけば悪しき花が咲き、良質の種をまけば美しい花が咲くということです。過去、数年前に撒いてしまった悪しき種は悪しき花が咲く前に気づき、改め、悪しき種を刈り取っておかねばなりません。この世の「悪しき種」の種類は「嫉妬」「意地悪」「差別」「誹謗」「嘘」「虚偽」など数多くあり、真っ黒い花が咲くことでしょう。仮にその種が心身の管理スポットのチャクラにあれば肉体や内臓が黒く劣化してしまうことがあります。気づき、悔い改める、お詫びすることで悪しき種は刈り取ることが可能です。気づいた人は「因果応報×10倍」ですから急ぎ刈り取らねばなりません。しかし、それだけでは人生に美しい花は咲きませんから、大地に良質の種をまきましょう。人や社会のお役にたつ種です。良質の種が花開く速度も10倍です。ここまではご存知の方々も多い「因果応報」の初歩段階の解説でした。ここから先は人間界の中段階の「因果応報の解説」と惑星外の「因果応報」についてを執筆していきます。↓

日本人は第一次、第二次戦争による「3世代のカルマ」が根深い。第三次戦争が起きないためには!

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)