小室哲哉さんの電撃引退)生きるのが辛いあなたへ

小室哲哉さんの電撃引退)生きるのが辛いあなたへ

小室哲也さんが電撃引退!一世を風靡した音楽業界の風雲児&天才と囃し立てられた著名な小室哲哉さんの「人生は苦悩」感が日本列島に充満してしまいそうです。一般人には計り知れない創作活動と新時代の波が押し寄せている音楽業界で59歳の小室哲哉さんが「もやはここまでか」と首をたれる姿は不安、疑念、迷いと失望を正直に伝えているとは思いました。(※介護問題と不倫疑惑を引退と一緒に発表したのは大変残念な最後なので取り扱いません)。音楽業界のヒットメーカーとして知られた人達ほど計り知れない心身のストレスもあるでしょうしミリオンセラーを飛ばし続けた調子がいい時は無駄な遊びも沢山しただろう。もしもシルバーあさみが個人アドバイスをするとしたら「誰よりも成功しようと思うから苦悩が増える」とまずは伝えただろう。人間には人生という山を登り降りる時もありましょう。おそらく山を降りる時ほど人間性も体力もエネルギーも問われるのかもしれません。頂上に到達した人間は頂上ではない場所ではこれから「何のために生きられるのか」を見失ってしまうことがあるでしょう。自分より優れた人間を見ては自分が嫌になることでしょう。数多くの音楽業界にたづさわる人達への影響、彼の音楽から夢をもった青年たちがいたことを考えると最後まで音楽業界にいて「60歳の人達をオシャレに勇気づける音楽」を創ってほしかったような気がしました。私が気になるのはご本人の「耳鳴り、睡眠障害がほぼ毎日ある」という点です。サードアイチャクラ(心眼)がかなり狭いので(道に迷うということ)人生の山の降り方をゆっくり決めないと妄想や幻想が増えてしまうように透視できました。昔の人は「60歳は若僧」といったものです。沢山の人達を喜ばせることができた特殊な世界の人たちも次の山を見つけて楽しく登れるといいですね。安室奈美恵さんの引退ラストコンサートで小室哲哉さんが舞台に上がるビジョンが見えました~。芸能界、音楽業界は引退がとても増えています。山から降りてもありのままの素の人生を送れるといいですね。↓

~「あと2年ぐらいの命かなー」と感じるあなたは知っている!?~

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申し込み後に購読可能)