かごめ かごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる~?

かごめ かごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる~?

「かごめ かごめ 籠の中の鳥はいついつ出やる 夜明けの晩に鶴と亀がすべった後ろの正面誰」♪ この日本人なら誰でもなじみのある「かごめ唄」に秘密がありました。籠神社の暗号唄「かごめ唄」とは籠目が亀をあらわす「六芒星」のことです。籠神社が外宮、伊雑宮(いざわのみや)が内宮に対応し阿吽の関係にあるといいます。「鶴と亀」は「伊雑宮と籠神社」を表し、籠神社(京都府宮津市)が外宮で伊雑宮(三重県志摩市)が内宮に対応し「後ろの正面」の位置関係に事実あります。籠神祉には、もう1つ「後ろの正面」があります。出雲大社(島根県)です。神社には拝殿と本殿があり出雲大社の本殿は通例の南向きではなく西の籠神社を向いています。「いついつ出やる」というのは「イエス・キリストの再臨がいつなのか」という問いかけだと言われています。ーその真実とは?! シルバーあさみの10年前の啓示&神秘体験42日間に「イエス ・キリスト」が黄金の光に包まれて眼の前に忽然と現れました。その翌日には「六芒星」が壁にクルクル回りながら美しく映りました。「シルバーあさみのセレクトショップ」でアクセサリーにしている理由は普通ではないセレクトショップであったと改めてご理解くださいませ。肉眼で見えた「六芒星」の意味が今こそ地球のアセンションに繋がってきました。ここから先は有料ブログでお楽しみください。↓

「六芒星」とは籠目紋であり海外ではイスラエルの「ダビデの星」~!?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)