驚き!日本の総選挙に対するチャネリング情報とは!?

驚き!日本の総選挙に対するチャネリング情報とは!?

こんばんわ。社会事象を心眼でズバッと語ります。日本に住んでいる私たちはこの事件から何を捉えるのか?「米ラスベガスのマンダレイ・ベイ・ホテル近くで1日午後10時(日本時間2日午後2時)すぎ、乱射事件があった。ラスベガス警察によると、少なくとも59人死亡。確認された負傷者は527人に増えた。被害者の多さで、近年の米国最悪の乱射事件となった。警察によると、容疑者は近郊在住の白人男性で、警察の突入と同時に自殺。これまで警察との接触はほとんどなかったという。ラスベガス警察によると、近郊在住の白人男性スティーブン・パドック容疑者(64)がマンダレイ・ベイ・ホテルの32階から、大通りラスベガス・ストリップで開かれていたカントリー音楽の音楽祭会場に向けて自動式の銃を乱射した。容疑者はホテルの部屋で自殺したという。音楽祭の会場には約2万2000人が集まっていた。警察はホテルの室内でライフル銃など少なくとも15丁の銃を発見。容疑者は9月28日から、同じ部屋に宿泊していたという。ラスベガス警察のジョー・ロンバルド保安官は2日午後の記者会見で、ラスベガス北東約130キロのメスキートにある容疑者宅を家宅捜索したところ、さらに多数の銃や爆発物、大量の銃弾を発見したと話した。容疑者は年金生活者が多く住む新興住宅地で暮らしていた。連邦捜査局(FBI)は記者会見で、国際的なテロ組織との関連は見つかっていないと説明した。」(BBCニュース引用)
どこに着眼点を置くかで人生への生かし方が違います。アメリカのネバダ州は米国内でも銃規制の緩やかな州のひとつであり民は銃の携行を認められ、銃を所有しても登録する必要がないし銃砲店などで銃の購入時には身元調査が義務付けられているが、個人による売買も認められています。自動小銃や半自動小銃の所有も認められ、銃弾の購入も制限されていないということです。(NEWSジャパンから引用)まずは高級ホテルに10丁の銃をもちこめてしまえるということ。自宅にも大量の銃弾を置いておけるということ!日本の安全さを思い知りましょう。次元上昇すると気が狂う人が増えますから、日本で銃規制緩和がでたら大惨事につながります。これが日本で起きないように!日本ではテロの防御のため銃規制緩和が永久にでないように真剣に命の一票を投じましょう。そう思いながらしばらく瞑想をしていたら「日本の総選挙に関するチャネリング情報」がまるでモールス信号の無線のようにありました。決してどの政党を支持するという内容ではありませんが事実です。あっと驚く情報です。この機会にぜひ有料ブログをご登録ください。↓

「日本の総選挙に関するチェネリング情報」~シルバー船艦~

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申し込み後に購読可能)