北朝鮮がグアムを包囲射撃する確率は70%以上!?核攻撃で生き残る方法は?

北朝鮮がグアムを包囲射撃する確率は70%以上!?核攻撃で生き残る方法は?

こんばんわ。「えっ~!?渋滞じゃんー、うそっ~」という音声が渋滞の高速道路の風景と共に夏期の渋滞も知らないのか・・世情に疎いB層の人たちが「キャンセル代金がもったいないじゃん~」とグアム旅行にも出かけるのでしょうかね?と考えていたら、現に今朝、NHKニュースでグアムの海岸で取材された家族が映像に移り、「北朝鮮のミサイルもあるかなーこわいなーとおもったんだけどキャンセル代を支払うのもねって来ちゃいましたー」と浮き輪をしている小学生風の子供2名をそばに父親が答えていてそばでユルユルの母親もうなづく、、「馬鹿な!」とB層の方の考え方は世も末的です。決行する旅行会社も旅行会社だ。まともな日本人の50%の人たちは挑発し合う米国と北朝鮮に巻き込まれる恐れのある日本の危機感を感じながら夏季休暇、明日の終戦記念日を粛々と迎えることでしょう。トランプ大統領の「炎と怒りに直面するだろう!」挑発を受けて、北朝鮮「グアムの包囲射撃を実行する!」挑発中に、あのチョゴリの北朝鮮の有名アナウンサーが「日本の島根県、広島県、高知県の上空を通過させて中距離弾道ミサイル「火星12型」をグアムの海域に」と日本の県名を言うのが県民ならずともドキッとしますよね。 日本は「PAC-3」を愛媛県加えて名指しの3県に既に配置したということですが、日本を飛び越えるなら飛び超えてもらった方がよく、下手に撃ち落として(カスって)名指しの県に落ちてくる方が危険ではないかー!?米国と北朝鮮の挑発合戦がいままでより危険なのは、ロシアと米国の関係がよろしくないこと、中国と米国の関係もうまくいっていないことであります。八方美人の日本は結果「アメリカの基地」機能と見なされているのか、ロシアと中国にも軽視されてしまっています。また、人間が寝転んでいるところをまたぐのはB層の人達だけだと思いますが、北朝鮮がグアムを包囲射撃するときに日本をまたぐという行為の計画事態で日本国への軽視がよくわかります。本当に北朝鮮はグアムに包囲射撃をするのだろうか? シルバーあさみの心眼には「70%の確率」で実行すると見えます。核攻撃で生き残る方法は?(本日現在)↓↓この続きは有料ブログで↓↓

「戦争は1%の富裕層」の「戦争ビジネス」!?この夏に脅威は起きるの!?核攻撃で生き残る方法は?

↓今日は見逃せません!ここから先の続きは有料ブログでぜひご購読してください↓(月額1000円で購読可能)