黒い烏と黒い猫に教えてもらって危機一発!ギリギリセーフ!

黒い烏と黒い猫に教えてもらって危機一発!ギリギリセーフ!

ずっと守ってもらっている・・私は行動が素早すぎるので眼の前の電柱に黒い烏が降りてくる時がある「走りすぎです、気をつけなさい」と教えてくれます。
そしてその場所に行って決めようとする時に黒い猫が眼の前を横切る、これはめったにないので余程のお知らせです。「その件はおやめなさい」と教えてくれます。これはまちがいのない確かなお知らせであり10代から今日まで全てあっていると思えます。ハイヤーセルフに繋がって答えをだす、マスター連合の指令で動く、高速で突然の決定がなされるので人間である私にはちょっとストレスがかかっていたようです。リフレッシュのはずが「リフ」しかできなかった茅野駅そばには「諏訪大社」があり縄文考古館が休館で時間ができたのでふと少し立ち寄ろうかと思ったとたんに黒い烏と黒い猫が道をふさいでくれました。ここは私は絶対に行ってはならない場所でした。ありがとう、ありがとう。

課題の解決の実行が遅れる度に青年たちの自殺がふえています。

あの子、どうしてるかな。中学の陸上部で足が早いの、でも「貧乏だからスニーカーが買えない」って、母親は水商売だそう。涙を目に溜めて静かに言うんだよね。「母親に水商売しろっていわれる、陸上やめろって言われた、」って、、母親の母親は精神病でした。NPO理事長時代の話、私も陸上部、追いかけたんですよね、その子に走って少しちかづいたら黒い猫が急に私の前を横切ってジロッて見た、、、「おやめなさい」、、これは本当に守ってもらっているの。だけど、せつないね・・。NPOしばらくしてやめたのはそんなの一杯リアルに見たからかな。一言では理由を言えない、聞かれても答えられない、救えない子たちをみるのがつらい、専門家におまかせしなくては。専門家が悟り度と愛度が高いことを願う、言葉が丁寧なことを願う、児童養護施設とDV施設の帰りに居酒屋にいく職員がいないことを願う、18歳で狭いアパートから殺伐とした社会に孤独にほうりだされない税金の使い方を願う、本当に願う。政治家が料亭とフレンチで会議する回数を全員で減らしたら児童養護施設の先の建物が数軒はできると思う。神さま、もう傷ついた子たちを楽にしてあげてください。それもカルマって誰より知っているけど地球人はそのサイクルがいつ終わりますか?こんなことが起き続けている世界で、傲慢で驕りでタカをくくっている大人たちが税金を食い物にする・・神さま、悪人の執行猶予が長いのはなぜですか?見ない、無関心はだめ、世界で起きている事実を知る、深入りしないこと、こんなことが起き続けている時にどうでもいい私利私欲を欲しているばかりの奴はどうなりますか? あ~変な奴がどうなってもいいが、3世代の連鎖を絶ち切るのだ!!

あの子、どうしてるかな。手首にリストカットの跡がいっぱいなの、母親が再婚したいので「どこかいって」っていうんだって。・・胸が痛いね・・どうしたらいいのかな・・。「駆け込み寺」も考えた瞬間に黒い烏が眼の前にパッと飛んできたのね。「気をつけなさい」・・そうだよね、10年前のことだからこの活動したらセミナーどころじゃなかったよね、、ブログも書けないわ・・最近まで洋服店のオーナーだったのにね、地球が愛の星になんてなるのかなぁー、いや、確かに啓示を受けたんだ。考えていてもしょうがないので行動、行動、3世代の連鎖を絶ち切るしかない、直接の本人には何もできなくても「1人の人間」がクリアに、意識を美しく、言葉を整えて、自分の子供だけ幸せならいいって考えもちょっと違うって教えていこう!それしかない、それがいい。なぜその母親を選んだのか?どんな環境でも「魂は磨かれる」こと気づいてください。「生きるんだよ」私がその子に最後にいった言葉です。うなづいていた・・。都議員や県議員が海外視察実費1人100万円!をやめれば、自由で無料で彼女たちが通えるスクールが数校はできるのではないか?海外視察より国内の課題の視察をしてください! 解決の実行が遅れる度に青年たちの自殺がふえています。

私は地球の改革が遅れているストレスのためフラフラッとある件を急ぎ走ろうとした・・。黒い烏も黒い猫もダブルで登場した~。「あさみさん、おやめなさい」今日は朝まで大反省会!私もイニシエーション儀式を受けました。つくづく心身を極めていると守られます。使命の「境界線」のラインを整えました!!

シルバーあさみの心眼コメント

危機一発ないろんなことがあったなぁー、見る必要がある、聞く必要がある事実をバイタリティに変えてきました。黒い烏と黒い猫から思いだしました。こんなことが日本中に多々起き続けていているのに「子供達の未来のために」とCMの告知だけの虚言者を嫌ってきた理由なんだなぁー、それもそのご本人達が虚言癖のカルマ清算をするだけなので誰も責めずに許すことも覚えましたー。「真のライトワーカーが安定して活動すること」「できるたった1つでも活動すること」で間に合う命もあるのではないでしょうか。ただ、地球という惑星にはプログラムされたカルマがあり、それを解き放つことができる人間が愛と光を広げる体現者として意識を拡大する次元波と死にたくなる電波が交互に交差している状況です。ライトなワーカーの有言実行がアセンションの決め手です。それがギリギリ88次元前後のせめぎ合いの時期なので使命的なストレスを感じていた次第です。日本人の60%以上の人が覚醒するとこの世は明るく晴れますね。共感する方々は「シルバーあさみの公式ブログ」をぜひ拡散させてくださいね。念のため、私は高次元と繋がっているリアリストです。事実を知るためにはラスト地球アセンションセミナーで会いましょう。

★ラスト・シルバーあさみの地球アセンションセミナーでクライマックス感を味おう★
2017年9月18日(祝)13:00~16:00場所:自由が丘ロータスカリックス