「Wi-Fi通じません」と「iPhone片手に駆け込まないでください」のギャップとは?

「Wi-Fi通じません」と「iPhone片手に駆け込まないでください」のギャップとは?

「ナガノ・チノ・イク」という上の声で行ってきました。「リフレッシュ」なのかというと「リフ」ぐらいでした~。大きな収穫として「シルバーあさみの公式ブログ」を24時間以上空けて書かなかったことがない11年間でしたから「こんな感じかぁ」を味わっています。読み手がいるので書きがい生きがいがあります。長年読んでいる習慣の方は「こんな感じ」味わってみましたか。いつも有難うございます。。さて、突然蓼科に行ったので何の計画性もなく朝焼けが美しいビーナスラインをしばらく歩いて「縄文の里」で国宝「土偶」(縄文ビーナス)を拝見したかったのですが休館日でした。88開始の有料ブログには縄文時代の考察から書きますよ~。では早めに東京に戻ろうとメルヘン街道バスに乗ると途中、拝見する民家は軒下が崖に立っている家がとても多く「・・・だから長野県は覚醒者が増えている事実」を静かに感じた次第です。(今年はラストセミナー、ラスト講座に長野県の方々が急激に増えていました。)「あとは彼らにおまかせしよう」とスーパーアズサ号・午後13時33分新宿着に乗りました。小田原駅すぎて八王子駅あたりから窓の外の風景も家、家、家が密集して風景が一変します。急にガサガサしてきて東京な感じ!・・(八王子も覚醒者が数名いますから)と、新宿に到着して駆け足で山の手線に乗りこみました。新宿⇒代々木⇒原宿⇒渋谷のホームはごった返していて、ほぼ全員がiPhone片手に乗り降りしている、駅員さんが「iPhoneをもったまま駆け込み乗車をしないでください」とマイクで何度も呼びかける。駅員さんも悟り度が高くないとやってられませんね。原宿、渋谷、、絶対、長野のビーナスラインを歩けない恰好の若者たちでホームは大混雑~・・!!2時間でこの次元の差が凄すぎる日本です。次の恵比寿⇒目黒は大人な感じでいつも私はホッとする。すると「エビス・ウエスティン・イク」と上から声がするので「はい」と恵比寿駅で途中下車してツンツンカフェで高級ハーブティでブレイク~、周りはセミフォーマルでお茶を楽しんでいるユトリな人たちばかりです。「フムフム・・」やっと自由が丘駅に着いてアットホームな感じにホッとしました。山の手ですがアットホームな街です。自分の心身が落ちつく土地で働く&住むことが心が穏やかで平和ですね~。確かに子育ては自然がある場所がいいかもしれません。そうでない場合はぜひ工夫をしましょう。

「7月24日は2020年オリンピック開催日までちょうど3年」

「7月24日は2020年オリンピック開催日までちょうど3年」

長野県は晴天に恵まれていたので秋田県と新潟県が浸水しているニュースで驚きました。「レムリアの水没」が全国に広がらないために各地の方々は気合で気づきを広げましょう。しかし、秋田県知事が「昨夜は大量に飲み過ぎたので対応ができずに反省していますわ」ってちょっと左脳が欠落してしまっているのでしょうか。次の選挙は落としましょう。私ごときが11年間、夜飲みに行くなど「ゼロにできる」のに、なんで知事の間だけでも秋田県民のための時間に命打ち込めないんでしょうか? わずかな任期の間に命注げる人間に知事になってもらいましょう。反省して許されることと許さされないことがありますよね。秋田県、新潟県は覚醒者少な目ですが学校の先生などに数名いるので気合で立て直してください。

「7月24日は2020年オリンピック開催日までちょうど3年」だそうです。上=高次元の存在に「2020年7月24日にオリンピックある確率は?」と聞くと「30%」と教えてもらいました。昨年暮れには「0%」でしたからこの半年の日本人の意識改革が進んで開催の確率があがっています。(あくまで個人的天地見解) 官民の投資額は10兆円を超える予算です。「憲法改正」も2020年だとビデオレターを流した安倍首相が本日、閉会中審査の質疑に出席したのも「必然」ですね。丁寧風ではあるが「1月20日まで加計学園の申請は知らなかった」ということが虚偽であると国民の信頼は2度と戻らないでしょう。「ゴルフ、食事何度もしても知らなかったんですね?」と民進党議員に質問されて「はい、知りません。」で大ブーイングが場内に起きていました。何度食事しても相談しなかったのは、きっと「境界線」がものすごく両者共に整っているのでしょう~。前川元文部科学省事務次官が「昨年11月に首相の口からは言えないので私から言うと言われた」と和泉洋人首相補佐官に圧力をかけられたと明言すると、和泉洋人首相補佐官 は「いっていません!」と怪訝に感情的に言い返す。結果、あまり今までと変化のないやりとりを聞くはめになり都会のビル熱の暑さのようにうんざりする人たちも多かったのではないでしょうか? 「虚言の埴輪ブーナス」稲田大臣も罷免させない、「責任」をもって担当してもらうということでした~。「責任」とはなんだと、秋田県知事のように洪水が起きてから「いやぁー深酒で連絡とれずに反省していますわ」が「責任」なのでしょうか。「いやぁー北朝鮮ミサイルが飛ぶなんて思わなかったんで反省していますわ」は許されないことです。「立場の過ちと罪を認めない」人間がバッチをつけている間に、弱者は河が氾濫して家の窓から手を振って自衛隊に助けを求めている事実とは? なんともやるせない天災が続いています。今の状況を一言でいうと、変な奴らと愛と光の草の根運動者のせめぎあいが続いています。

「武田信玄公は宇宙船を見た」と上から情報です。このようなダイレクトチャネリングも有料ブログでは書いていきます。ほぼ毎日ありますけど、時折しか書いていませんでした。国会議事堂にも集中審議中に宇宙船が降りてきて「腹黒い奴ら」だけ引き上げてしまうと面白いですね。そんなときがくる!?

シルバーあさみの心眼コメント

24時間後の「シルバーあさみの公式ブログ」で意識が改革されましたか?読むたびに意識改革が起きる「シルバーあさみの公式ブログ」です。もう一つの大きな収穫としては「ワイファイ使用できません」の場所に宿泊していましたら「電磁波から身を守る方法」が高次元情報として降りてきました。またこちらも88有料ブログでご紹介します。これは凄い収穫でした~。ということで「ナガノ・チノ・イク」は短い旅?でしたがこの時期必要でしたね~。
この時期、昭和の名作曲家・平尾昌介氏がなくなったのも意味がありますね。小柳ルミ子、アグネス・チャン、アンルイスや五木ひろし、西條秀樹などアナログレコードブームとともに昭和の名曲をみなが聞く機会になるといいですね。そして、なんと!「銀河鉄道999」!この話はまた書きます。日本は終末模様なり・・。