「オリーブの樹」が世界の平和に繋がりますように。その真意は?!

「オリーブの樹」が世界の平和に繋がりますように。その真意は?!

街を歩いていると何ごともないように時は過ぎている・・果たして何も起きていないのか?いや、確実に「3次元世界が終わり」の「新たな時代の始まり」が起きようとしています。支持率、支持率と騒がれているが「来年度の防衛費予算が過去最高の5兆円超」になったことは報じられません。「もしもA政権が変わったら「ステルス戦闘機」「弾道ミサイル」の予算は見直されますか?」この答えをくれる器がある人間がリーダーになって頂きたいと願うばかりであります。懲りない人間たちは宇宙の真理も知らず、地球の次元上昇に全くソグワナイ開発に力を入れているらしい・・。完全にハイヤーセルフと切れている、どころか戦闘プログラムがインストールされているのだろうか。私には「加計学園」よりも大課題に感じます。この流れは世界の破壊か平和か、懲りない人間は全て計画から降りてもらいましょう。

~砂の城から愛と調和の土台にしよう~

砂の城から愛と調和の土台にしよう

6月22日~9月22日までに(場合によっては次元期日超えた9月25日まで)「3ケ月以内にことがおきますか?」「はい、起きます」と「シルバーあさみの公式」に事前に書きました。本日からは約2ケ月以内となりました。時間は早いですね。パンドラの箱も開きましたから後はどう天地で崇高に処理&対応するかどうかの2ケ月です。だから私たちの家や会社が「砂の城」ではなりません。土台を固めておいてください。

この世界は1%のある富裕層が富を分配せずに奪い合い戦争を起こしてきました。世界の闇、日本の闇、真面目に働いて納めている税金がどこへ流れていくのか、明確な説明もされずに鈍感に麻痺してきました。しかし、「もういい加減にしてください」と声なき声が民意となりある意味、日本中の会っていない人達が一定の法則で繋がりはじめたような「連帯感」が生まれているような・・そんな感じすらしませんか。アナウンサーたちの勝手な解釈のエゴも見抜ける人達が増えて、各局で支持率の数字にも大差があるのもツイッタ―で拡散され、ひた隠しにした闇が通じない次元になっています。本当に待ちに待った目覚めの時代が近づいているがゆえに各個人においても何もかも普通に過ごせていたのに突然通用しなくなってきて虚脱感、無気力や喪失感が増える場合があります。とにかく起きている事象から学ばねばなりません。「森友学園・元理事長籠池氏の妻に助けを求められて「祈ります」と首相の妻が携帯メールで返信する」それでも「それが親しいことにはならない、特に問題にはならない」と無表情で答える官邸・・。人間はお詫びができないとカルマを清算するまで暗い洞窟からでれません。「手の平を返す」人達が国民の税金を1%の悪意の人達の指示か結託で「軍事費」に使うとしたらこの悪意のカルマの清算はどう仕末するのか、2ケ月以内に答えはでますね。やや遅すぎるぐらいに感じます。聞いてみたんですよね。それは1人1人の「適正な勇気の数」をまっていたということです。すると混乱状態は避けられて光の道筋が見えるかもしれません。宇宙は私たちの内なる意識を的確に現象で現します。出来事は流動的であり必然性があります。

顕在的にも上記の因果応報でも完全に政変の流れが加速しています。森ゆうこ議員、山本太郎議員の後ろにいる小沢一郎議員(自由党代表)が表にでてきました。民進党がキンキンいっているだけで弱いですからこのタイミングはこうなると大改革に繋がる、それは党がかわる現象だけではない、将棋のように「まいりました」と正座していえる倫理感があると宜しいのですが、最後のあがきがあるとどういう裏の手を使うのか、それも「特に問題にはならない」と逃げきれるのか、あの世界の問題は「教訓」がないことであり、潔くない人間がとても多いことであります。戦いのシナリオを終わらせることができるのか、私たちもあきらめずに「時を待ち」、「自分」「立場」「我欲」を極少にして宇宙と繋がり続けましょう。永遠の平和が訪づれる時の前に淘汰されるのは「愛と光」ではない存在です。自分が望むものは小さくないですか?

シルバーあさみの心眼コメント

「地球アセンションセミナー」でご来場者だけに未来予見した通り、珍しく小沢代表が何を語るのか聞こうと17時に各局TVを見ていたら、まずはギドギドの低波動のニュース番組ばかりででうんざりしました。ある1局で約1分だけ会見が見れました。「オリーブの樹構想」だということ!です。このごろ石破茂代議士も出番が増えていますね。どうやらこれも関係がありそうですね。ちょうど会見を拝見したあとに大相撲名古屋場所で横綱に勝った前頭4枚目「宇良」の死ぬほど稽古したあとの「言葉になりません」の涙が美しかった、、そして福岡の豪雨で被害にあった朝倉市で大人が無言で崩壊した家の片づけをしている取材で11歳の小学生が「僕は僕の家を倒せましたこの山の木が凄いと思います。この木を使って家を建て直すんですよ」と倒壊した家を片づけている少年に本当に感動しました。爪の垢でも煎じて飲ませたい人が多々いるがそれももったいないぐらい次元が違いますね。必要な場所に全国で猛暑で働いている人達の税金が使用されますように! 小沢代表が多々登場すると「北朝鮮ミサイル」が飛んでこない流れになりますからこの軍事予算は見直されるのでしょうかね。・・私は8月8日から開始する「有料ブログ」で天地を存分に書けることが本当に楽しみです。みなさまも楽しみにしてくださいね。いつも読んでくれてありがとうございます。