街の人を客観視してみよう。そこに見えることがあるかも!?

街の人を客観視してみよう。そこに見えることがあるかも!?

こんばんわ。電車の吊り宣伝、キヨスク、コンビニのスポーツ紙は本日の昼の記事「松井一代さんのサスペンス」一色でした。変な国です・・。私はエネルギー調整をしながらいろいろな街の「次元チェック」をしています。本日は10年ぶりに東京ビックサイトのファッション雑貨EXPOへ行ってきました。660店舗、(66●でなくてよかった)出店、プロ向けのEXPOです。660店舗中、6店舗ぐらいしかセンスの良いブースはなかったです。(あくまで私のセンス目線)、10年前との違いで特記すべきは出店者も仕入れ担当者も感じ悪い、覇気がない、かなり疲れている、やる気がない、根が暗い~雰囲気で約2時間ほどで引き上げましたが、猛烈な疲れに襲われました。気づきの層がほぼいないのも原因です。次元降下は体にきついです・・。私は帰りの電車で「シルバーあさみのセレクトショップ」の商品のクオリティの高さとお客さまの層の良さにつくづく価値感高く感じいりました。常はこういう展示会は行かないのですが、ハイヤーセルフが「行く」ので行きました。「シルバーあさみのセレクトショップ」の波動の高さと次元の高さと質の高さの確認のためでしたね。本当です。又これから「物販」「ショップ」を起業するのはお勧めしません。かなり厳しい物販業界全体となります。それも書かなくてはならないので書いておきます。必ず未来予知は当たるのでご参考にしてください。これからはオーガニック、エコ、中古品、リサイクルが主流になるでしょう。新品商品はよほどのセンスとコンセプトがあるショップしか生き残れないと確信して帰ってきました。溢れるもの、もの、ものに慣れてしまって本来の「ものづくり」や「接客」にも精神の破壊を感じました。(シルバーあさみのセレクトショップは7月7日、14日、28日のみリアル営業、インターネットもお届けが即日でない場合もあるのに多数ご利用ありがとうございます、極力3日以内に到着予定)いつもお客さまが親切で本当に恵まれています。いつもご利用ご購入を有難うございます。

どうしてこんなに気づけないのか、あなたはどう分析しますか?

「保母さんになりかったんだけどモンスターペアレンツがいるからやめたんだよね、その上、保育園問題でこきつかわれそうだからさー」と美容スタッフの声、、「もっと休みが多い会社って知らない? 遊びたいじゃん」、、「そこ、適当に並べておいてよ」と雑貨スタッフ、、どんどん私の耳から聞こえなくなる声、声、SNSのツイッターのつぶやきがリアルにあるようだ。帰りの電車で同じ駅から乗った商社マン風の男性が「ドイツと日本の違い」を上司に丁寧に語り「すべてが学びです」とキラキラした笑顔で語っていたのがホッとしました。その男性はやはりきちんとしたセンスの良い身なりでした。ハイヤーセルフは凄し・・「自由が丘ロータスカリックス」にこもっていたら高波動、高次元、分かち合いシェアがあたり前になってしまっていたかもしれません。天下一品高い空間であると驕りではなく認識したと同時になぜゆえ、これだけ地球が次元上昇しているのにこんなに普通B層の方が気づけないのか? どうしてこんなに気づけないのか? 私は驚愕です。これは決して人を差別する意識ではなく問題提起です。あなたはどう分析しますか? ご縁と出会いが悪かったのか? 電磁波で呪縛されているのか? TV番組で情報をとっているのか? 「ありがとう」「いらっしゃいませ」を言えない大人が多いのはなぜ・・? 「言葉が大事」を知らない、宇宙なんて考えたこともない、「アセンションも知らない」、クラウンチャクラが閉まっているのはなぜだ? 異様とも思える気づきのなさ「あと2年半だぜ。」と男言葉を使用したくなってしまう有様です。私が「いいな」と感じたセンスのブースは「ありがとう」「いらっしゃいませ」を丁寧に伝えてくれた、そして商品のクオリティもいい。やはり同一化してくるのだろう。あなたの街の商店街はいかがな次元ですか? なんか、目覚めない薬でも飲んでいるのかと思ったぐらいでした・・。セミナー業、ヒーリング業、ものすごく気づいている人たちが多い・・。この差はなんだろう? きっと次元が10次元ぐらいわかれています。


実は月曜日は六本木に行きました。六本木駅を降りると元防衛庁跡地に東京ミッドタウン!!凄い都会
ですね~そして乃木坂駅近くの国立新美術館に行きました。私は高校、短大と乃木坂駅から小田急線に乗って通学していたので「うぉー懐かしい」と闊歩しました。新国立美術館で未来アート展があり招待状をもらったので行きました。こちらもハイヤ―セルフの「行く」です。行ってよかったのですがこちらもひどくゲンナリしたできごとがありました。小学生からプロまで絵画が飾ってありました。国際交流も目的なようでいろいろな国から参加していました。途中「菊の花」のリボンを胸にしている絵画の世界では大物風の方がある油絵に文句を言っていました。「こうして油絵や絵画の世界は閉鎖的になるんだな」という内容です。私は絵画や陶芸、美術にたづさわる人たちが生活が安定させるのが至難な業であるからこそ頑張ってほしいと長年考えているのでじっくり拝見しました。「本当に描くのが好きな人達ばかりなんだな~」と感じました。小学生、中学生、高校生の絵画を拝見しているとのびやかに能力開花していく環境が日本にあるといいと思いました。こういうことはよく思いますが日本は美術や音楽に対する活動の支援の環境が少ないのが大課題です。
会場の出口の方に「内閣総理大臣賞」の絵画がありました。内閣総理大臣の「心の葛藤」を現しているようでした。体と心の調子が悪いまま、ドイツのG20へ日本を出発しています。まさにこんな胸中でしょうね。

隣に「東京都都議会議長賞」の絵画がありました。私は東京都都議会議長が落選した翌日拝見したので既にこの王冠を捉えた絵が作者の予知のようで面白かったです。それで、それでですね、出口に並んでいる会場担当の人? 胸に「菊の花」のリボンをつけている中年のおじさんとおばさん達に質問したんですよね。小学生の絵のこととか、東京都都議会議長賞の絵のこととか、海外からも参加お互いに交流しているのか?とか、その答えは不親切、且つ意地悪きわまりないものでした・・。体がビリビリしました・・。とても驚きました。こうして未来の子供達の才能が妨害されるとわかりました。これからかわるだろうけど、言葉も紹介できないけど、私は大変むかつきました。あーだからか・・。こうして長年の課題の答えがでました。全部が全部でないでしょうがこういう人たちが芸術と文化を牛耳る事態の時代はもう終わります。「高校性」の絵をほめられない大人たち・・。「あなたたちは最悪だ」と言おうと思ったけれど、ハイヤーセルフが「言わない」というので我慢しました。テラスでアイスコーヒーを飲み怒りをリリースして帰路につきました。

青年たちよ、大志を抱け!時は切り開くのだ!

シルバーあさみの心眼コメント


「天使の翼」成井司作です。覚醒段階13段階の男性で覚醒の道3クラス修了後の作品です。素晴らしい絵ですね。ベーシッククラスの時に怒りが燃える炎だったのが私も絵画の専門家と触れて少しわかりました・・。怒りと失望を徹底的に授業で解放した後、宇宙と繋がり描けた絵だそうです。いろいろな次元があるから地球は簡単ではない、だけど「天使の翼」がある人たちも一杯一杯増えています。葛藤を超えた天使、まさに覚醒の道の翼です。ご招待を誠にありがとうございました。審査員特別賞おめでとうございます! 注意)今日はすべての文章に意味があると読んでくださると有難いです。私は一目見た顕在的なできごとだけで相手を決めつけたりしませんので如何に各業界に気づいている人たちが大事であるのか、事実を拝見しながら痛感した次第であります。ハイヤーセルフと繋がろう!すべては学びですね。