なぜか?農薬が配布された日本の食卓でオーガニックの選択の重要性とは?

なぜか?農薬が配布された日本の食卓でオーガニックの選択の重要性とは?

波動の良いオーガニックの重要性を感じる時期です。戦後、学校給食は、「牛乳と小麦粉」が常備されました。そして、家族の御馳走は「ステーキ」か「すき焼き」でした。塾の間の小学生、中学生やサラリーマンの休憩は「ハンバーグ」、そのどれもが病人を増やすためにしくまれていたとしたら怖いですね・・(あくまで仮説)。「人間ドック」に行くのが予防なのではなく、自分の体を予防する守るのは、過去の悪食のデトックスを徹底して無添加&無農薬の食から始められるでしょう。大変、純粋な活動家も増えていて頼もしい限りです。本当に頑張ってください。また、年間を通じて肉食が多い人たちは怒りやイライラが爆発しやすいです。また、食品保存料、香料、添加物が多い冷凍食品やコンビニ弁当を常食していると五感が鈍り、身体は疲れやすく、仕事や勉強の判断が鈍ります。徐々に「無添加無農薬」に切り替えていくことで体の予防になるのではないでしょうか? オーガニックもどき、から、本格オーガニックにしていきましょう。オーガニックの定義は種々ありますが、ご信頼頂ける人に「食セレクション」から選んで頂けると安心をご提供しています。

デトックスで健康な体を取り戻す

デトックスで健康な体を取り戻す

人間の体には臓器があり、食を口からいれると内臓に影響しない訳がありません。が、普段、一般的な人はそこまで考えないで安近短な保存料入りの食品を平気で手にとってしまいます。このごろは気づきの食も広がってきました。とても簡単な考え方として、酒量が多すぎると、血液と肝臓を痛める数値がでます。ということは、●ーラを飲むと、●ーラの中の糖度の高い成分が血液と内臓にたまる訳です。赤ちゃんが、人参の離乳食を食べると、おしっこが人参色になる、初めてそれを見るお母さんは改めてビックリする人もいます。母親になることがオーガニックのきっかけになるという数が多いのはそのためでしょうか。また小学生が牛乳や小麦粉で発作をおこしたのがきっかけの人もいるようです。また「シルバーあさみのセレクション」&「シルバーあさみの公式ブログ」の「食」の項目を読んで「オーガニックの大事さ」を知って取り組み始めたと備考欄に書いてあることも多いのが嬉しいことです。

徐々に切り替える習慣をとるか、一気にデトックスで「人生のやり直すぞ」ぐらいの勢いで「食」を変えるためには、まずは「デトックス」しなくてはなりません。腸壁にある宿便がリリースできる、胃も洗浄しているような気分になる「地球の記憶~シャスタ~」は発売半年で人気NO.1であるぐらいのヒットです。私も毎朝5-6錠のまないと気持ちが悪いぐらいでして、出張には、「ピルケース」にいれて必ず持っていきます。例えていえば、身体に泥があるならば、一度、「真水温泉水」で「地球の記憶」を流してリニューアルしましょう。

アトピー系の方も幼少期の因果はありますが、まずは内臓の汚れから洗い流して、メンタルを解放しましょう。

胃や腸をデトックスすると後に取り入れる食(=気のエネルギー)は、おのずと純粋な食材選びになりますね。というかそれ以外は体の方が受け付けないかもしれません。
内臓の汚れが減少すると血とリンパがサラサラしますので肌が美的になります。オーガニックな人は手をみると肌が綺麗とわかります。「あらっ~」と思った人たちは、
3ケ月実行すると嬉しい変化はありますので取り組んでみましょう。

シルバーあさみの心眼コメント

「お米」の農薬ルーツを知ると身の毛もよだちます。こちらも闇の政治家と農●●●庁との癒着が起きてきました。
改革をまっていても現在のような問答が長く続くまたは闇にまかれるだけなので自分たちで体をまもりましょう。
無農薬で安心な「お父さんありがとう」(白米)と「お母さんありがとう」(玄米)の常備をしましょう!
また大事な方への「体の気づき」「両親ありがとう」の気づきのためにも愛と光をぜひ届けましょう。