お金に「困る」ことがなきように言葉で予防しよう。

お金に「困る」ことがなきように言葉で予防しよう。

ついうっかり口に出して言ってしまうこと、宇宙は的確に現実化していきます。引き続き、「お金」について「困る」ことがなきように徹底して宇宙の法則を学んでいきましょう。あっ、豊かさを安定させたい人達へ~の参考です。意識の現実化が3倍速、声に出した現実化が5倍速に「お金」の現象に繋がっていると認識していきませんか。豊かな生活のために。

~お金に困るということは自分に困るということ~

「お金」は自分のエネルギーです。お金が消耗すると自分の体が消耗します。車に例えるとガス欠ですね。ガス欠になりやすい車とスムーズで頑丈な車があります。身体もメンテナンスが必要であり、体が丈夫ですとどこでも働けますから基本お金に困ることは本来少ないことです。まずは何より体を大事にしましょう。私は毎朝、体に「ありがとう」と言ってから仕事にでかけます。約20年近く大事にしていますのでお蔭さまで病気になったことがありません。どん底も体験しましたが乗り越えられました。ぜひ今日から体に手でふれて「ありがとう」といってみてください。愛車にしないとなりません。さてさて「お金」の話です。「この人、今後お金に窮するだろうな~」という時があります。「言葉が悪い人です」言葉使いが悪い人はまわりにいないのですが、意識が乱れていてついうっかり口にだしてしまったり、お金についてネガティブな自己解釈があったりする場合です。ご本人もそのつもりはないのですが、言葉は誰かが聞いていますから相手にも影響があります。悪しき参考事例として、人の職業に偏見がある言葉を使用したり人を見下す意識を使用している人達は将来お金に困るでしょう。「変な会社でねー」と謙遜もあるかもしれませんが、いけません。その会社にいられない事象がガツンと起きる確率が高いですね。そうなっても今世の因果応報ですね。「お金」に困るのは「言葉」に起因がありますので早い段階で気づいて言葉と意識を見なおしていきましょう。

●「お金なんて」
●「お金がすべてではない」
●「たいしたことない金額」
●「これって高すぎるよね」
●「これってたいしたことない」
●「お金の面がきつくってさー」
●「たかが●●〇〇職業でしてね」等々、ついうっかりを見なおす日常の言葉使いを徹底して直していきましょう。1年は365日。積み重ねるポジティブ言葉かネガティブ言葉かで金銭面が決定していくようでございます。「たかが一千万でしょう」という人は一千万をうしなわないと価値がわからないと宇宙は判断して「やり直し」を迫まられるということがおきます。1円玉をぞんざいに扱うものは1円で泣くということが起きます。心して紙幣、硬貨、カードも丁寧に扱いましょう。潜んだ意識も徹底的にクリアにしておくと衣食住が安定するように月のエネルギーを受け取ることができます。時代を乗り越える予防策です。

シルバーあさみの心眼コメント

意識が現実化する言葉の威力は強まっています。どうしてもついうっかり言ってしまったら、「キャンセル、キャンセル」しておきましょう。「お金」って人生を学ぶためにあるんだね、ありがとうございます。「お金」はありがとう、でしかないです。人、物、場所を尊重して言葉を使用していきましょう。