お金に困る、金銭に詰まる特徴的な人とは?

お金に困る、金銭に詰まる特徴的な人とは?

ここら辺の説明が簡単ではないと思うばかりでございます。「自分も幸せになりたい」それは自然なことだと思います。「不幸せになりたい」と思って暮らしている人はあまりいないでしょう。ただし、難儀な悩みや困難を抱えることは、「不幸せ」を誰かに証明したいかもしれなかったと目覚めましょう。「私はこんなにこんなに不幸せで大変つらいんです!助けて!」って誰かに深いレベルで言いたいんですよね。「悩みが大好き」「困難を望む」「お金で苦しみたい」のは「怨んでいる相手」がいるからなんですね。普段は意識していない無意識ですよ。この事(深層心理)に気付き目覚めると「覚醒段階」は10段階です。「意味がまだわからない・~・」人は覚醒段階8段階から9段階です。楽になるためにどうしたらいいのかというと「シルバーあさみの公式ブログ」の「お金」の項目を何度か読んでみてください。せめて10段階になっておかないと人生を乗り越えにくいかもしれません。「お金」に困らない人生にするために起因を解明させましょう。

★「お金の項目」を何度も読んでお勉強しましょう★

肝心な時に「ありがとう」がいえない人は金銭に詰まります。

「コーヒーを頼んで運んでもらっても何も言わない」客と、「コーヒーを頼んで運んでもらって有難うと自然と言える」客は年収に差があります。「お金を支払ったらあたり前」と考えるレベルと「コーヒーにお金を支払ったのであり席まで運んでもらった手間に有難う」であると考えるレベルは一時が万事相違があります。たとえ、相手が不愛想であっても「ありがとう」と言われたことで「自分の仕事ぶりの適当さ」に気づいたりするのではないでしょうか。また空間の環境には多大なインフラ代金がかかっています。この場所でコーヒーを飲めて「ありがとう」という人は「混乱の場」「金銭苦の場」から「落ち着ける場」「憩いの場」「豊かな場」に移行できる人であり、それは日常の実践とお金に対する取り扱いと社会の仕組みの理解と倫理にもよります。最初は実践、徐々に自然に身につくのが金銭が楽になるエネルギーの習得方法です。

一応、朝から夜まで働いて「お金」面がギリギリであるのは、必ず!!本人の起因があります。「なぜだー!?」と思える人は徐々に起因を発見して楽にしていけるでしょう。「ふん、私に起因なんてないわよ。」という人は「シルバーあさみの公式ブログ」を読む理由がないし、金銭面は改善できないだろうと考えています。(ブログの引き寄せ的にあまりないとは思いますが念のため)。物事には「因果応報」があると捉えましょう。
「仕事していますけれど家賃でギリギリでして・・」というセリフは変です。仕事は「自分の価値相当」ですから家賃額の選択をまちがっているのか感謝がないかだけです。このセリフを言ってしまう人を「普通B層」と呼び「ありがとう」が圧倒的に少ない層です。「体丈夫で仕事ができて自分の価値相当の家に住んでいる」から「ありがとう」という思考に変えるだけで「ギリギリ」から「今月もありがとう」に変化していくことでしょう。私の長年の研究で、「金銭面が厳しい」という人には必ず!!本人の起因があります。そして、まちがいなく「相手をほめない」「ありがとう」の欠如が多々あり、本人はそれに気づけません。私もよく「なんでそこでありがとう」と言えないのですかー?」なんて相手のために言っていた時代がありましたが、昨今はそのエネルギーもなくなりました。このブログを2-3年読んでいて実践できない人は永久にできない人だと私が悟ったのです。残念なことですが自分は努力せず誰かに依存している場合も多いようです。

私が残念な人だと思うことは見事にあたるので思い当たる人は注意しましょう。
金銭に詰まる人の特徴))
●極めて大事なことを会議、話あいの場でヘラヘラ笑ってしまう尊重心のなさ
●職業軽視、給料軽視、仕事軽視している人は10月から転落してしまう率高し
●自分の立場や実績が「自分だけ」でできたと超勘違いしているおごりの人たち
●商売をバカにする、飲食店を利用しながらお金を支払っているからと自分勝手
●コマっているので仮想通貨、ビットコイン、株の初心者向け投資に依存していく

シルバーあさみの心眼コメント

やりたいこともあって、やっと見つかって、来年には花開くかな、の時に「ありがとう」が言えないと、金銭が詰まります。それがあっていないからです。もう一度、種植えないとならない、3次元の地球はそれでやり直せばよかったのですが、今からは・・・極力、残念、もったいないことはしないで、「人に与える」「人を喜ばせる」「人に感謝する」だから「ありがとう」を自然と言いたくなる、そんな魂レベルの人達は「お金」は必要に応じて流れてきます。これ、確かな「宇宙の真理」です。実践してみましょう。