お金は、誰かに喜ばれている人しか、懐にはいってこないのが真理です。

お金は、誰かに喜ばれている人しか、懐にはいってこないのが真理です。

年末年始の請求書にうんざりするのか、金銭事情で誰かと言い争うのか、
お金で自分が磨かれていると考えるのか、次元の高さが極端に違います。

「お金」のエネルギーに真に目覚めていきませんか?

お金は、誰かに喜ばれている人しか、懐にはいってこないのが真理です。

money-someone-pleased-01

次元が高い人達のほうが、金銭的に豊かな場合が多いです。益々顕著かもしれません。

例えば、会社からもらう給料は、「自分の労働対価」=仕事の価値
不平不満をいっている人達の方が給料は低いのは、給料をもらう会社に価値観をもって
働いていない場合に起きる訳です。自分でつくった会社ではないですから、OLさんも
会社の仕事の役割を丁寧に積み重ねることができていると、給料は安定していきます。

アルバイトしかり、パートしかり、です。

お金は、明確です。自分に等しいです。今一でも、一度、事実認識をしないとなりません。
不満をいう人は、「私の仕事は、もっと価値が高いわよ!」といっていることになります。

本当にそうならば、移動するか、更に貢献するかを問われる事象がおきはじめるでしょう。

また、独立採算の自営業者の方々も、世の中のニーズを読みながら、自己価値や能力給を高めると、
起業した会社、店舗などが、お金をうみだせるようになります。意志が通じるスタッフも必要です。

そこにやりがいを感じる人達が、自分の会社をつくっていくと思えます。
潜んだ意識にも起因はありますが、顕在的な方法論も必要でありますね。

誰に喜ばれている会社なのか、自分の仕事は、役立っているのか、を考えて仕事できる人達は、
お金は安定して懐にはいってくるのが、宇宙の真理です。

シルバーあさみの心眼コメント

年末の慌ただしさに押し流されずに、なおのこと、丁寧な仕事、社会との接点、誰かに喜ばれている、
自己価値をもてる仕事に徹していくことで来年の元旦から起きる大転換期に安定することが可能です。