マインドマップの効用は、高次元の思考ツールとなる!?

マインドマップの効用は、高次元の思考ツールとなる!?

シルバーあさみも転身後、10年間、本気で駆け抜けてきたので、次なる転身のタイミングと考えました。
ただし、ここまでの整理がつかないと、飛躍もできかねます。そこでマインドマップが必要となりました。

mind-map-utility-mindmap-01

「禅的修行」「セレクトショップ開業」「転身セミナー業」とだけプロフィールに書いていますが、
自分でも改めて、「よくやってきた」と自己承認できたのは、マインドマップのお蔭さまです、又、
身近なスタッフや知人や取引先にすら、語ったことがない実績が、じわじわ浮かび上がってきました。

そもそも高次元な脳の部分がありますが、「これはいける!」と自分でマップを創ってもらいました。
このあとに、ミッション起業塾の構想や、原稿、テキスト作成にはいっています。それが凄いことに!

この実績を、世のため、人のために、できることを活動しようと考えている人に丁寧に確かに伝えねばならない、
「誰かに教えないで死ねないぞ!」ぐらいに情熱的な凄い~効用を感じています。
起業秘訣を知りたい人は、シルバーあさみのミッション起業塾に来てくださいね。

マインドマップの効用は、高次元の思考ツールとなる!?

【マインドマップの効能】
マインドマップは、中心にテーマをおいて、放射状にブランチを延ばしてかいていくノート術です。
この手法は、脳のはたらきにとって大変ナチュラルで、飽きることなく、楽しくかきすすめていくことができます。
私たちがノートをとる目的は、大きく分けてふたつあります。

ひとつめは、文章や聞いたことなどを記録のためのノートテイキングで、
ふたつめは、アイデアを出すときにするノートメイキングです。それらを上手に複合させてノートを取ることができると、
大きな思考力のアップにつながることが知られていますが、マインドマップは、そんなときに威力を発揮します。

その理由は、全体を俯瞰しながら、任意のブランチを増やしたり、」それぞれの関連性をダイレクトに見える化することができるため、
マルチタスクな脳の使い方を可能にするからです。

さらに習慣化していくにつれ、記憶力や整理力を圧倒的に向上していくだけでなく、
その人が持つ優位な知性を刺激して、個性的なノートをかくことができるようになります。

具体的には「講義の記録」「レポートのしたがき」「プレゼンテーションの草案」「読書ノート」「会議録」「ビジョンの策定」などをマインドマップ化することによって、
それらを高次元の思考ツールへと進化させることができます。

さらに、板書にマインドマップを使ったり、グループで大きな紙にマインドマップをみんなでかいていくことにより、
質の高いブレインストーミングをしたり、高い次元で、懸案事項や決定事項を共有したりすることが可能になり、
集団でのモチベーションのアップや実行力の向上にも役立ちます。 内山雅人」

内山雅人著「天才のノート術 連想が連想を呼ぶマインドマップ(R)<内山式>超思考法 (講談社+α新書)

シルバーあさみの心眼コメント

シルバーあさみの「今」のミッション活動を、内山先生がマインドマップで書いてくれました。
自分ではもちろんわかっているのですが、とにかく頭がスッキリ爽快に「今」まとまりました。

mind-map-utility-mindmap

これで丁寧に1つ1つに打ち込めます。高次元ツールとは、脳の働きと、宇宙のつなぎのことですね。

お勧め本として、2回目登場の著者のマインドマップ第一人者内山先生とは転身してからの信頼関係です。
内山先生もマインドマップを作成しながら「これ、絶対、参加した方がいいですね。ミッション起業塾!」
「すでに起業している人も、次なる段階に必要だからでれるようにしてくださいね」とアドバイス頂きました!
「もちろんです、うわぁー楽しみすぎる~」というやりとりでかなり盛り上がっていて、そのまま共同創造で、
「ミッション起業塾」のなんと!80ページにわたる壮大なテキストも、一緒にテキスト制作を頂いています。