ジャスティン・ビーバー・Justin Bieber – Company を視聴すると、22歳の悲哀を感じるプロセスと今。

ジャスティン・ビーバー・Justin Bieber – Company を視聴すると、22歳の悲哀を感じるプロセスと今。

ジャスティン・ビーバーは、12歳で天才的な歌声と評価されて、一躍スターダムに!
少年から現在の状況まで、世界の課題を彼が現わしてくれているように感じています。

10代でセレブになったジャスティンビーバーの音楽をご紹介するためには、
まずは基礎知識を一読ください(すべてがあっている訳ではないでしょう)

ジャスティン・ドリュー・ビーバー(Justin Drew Bieber, 1994年3月1日 – )は、カナダのポップミュージシャン、俳優、シンガーソングライターである。男性。身長175cm。

ジャスティン・ビーバー – Wikipedia

ジャスティン・ビーバー・Justin Bieber – Company を視聴すると、22歳の悲哀を感じるプロセスと今

☟デビュー当初のまだあどけない少年であるジャスティン・ビーバーのステージです。☟
☟しかし、この時期ですでに大人たちは歓喜乱舞しているギャップ、シャッターの音音☟
☟結婚はしなかった両親も自分もカナダ出身の敬虔なクリスチャンだということです。☟

☟LOVE ME(少年であるジャスティンビーバーの美声)☟

★★★★★

☟こちらの動画は、マイケルジャクソンを思わせる行動です。☟☟
☟この後から、彼の葛藤が始まったように透視で感じています。☟

☟PRAY☟(世界の飢餓や難民や障害者へ愛ある行動の姿です)☟

*****************************
2011年~暴動事件~2015年迄は、女性と戯れるタレント的な動画が多いのでこちらにはセレクトしたくありません。
この一連の流れを考えると、暴動を起こしたくなる気持ちもわかります。音楽を純粋に伝えることはできないのか?

常にシャッター音、SNSに晒される若者の悲哀、そして、美しい顔と歌声が、世相をこえる時代を願ってやみません。
ようやくふっきれた感じの、☟COMPANY(うっとりする素敵な現在のジャスティン・ビーバー)☟たまりません次元☟

シルバーあさみの心眼コメント

☟「イエス・キリストの声を受け取っている」と公言している「ジャスティン・ビーバー」が魅力的です。☟
☟本当だと思います。がゆえに、宗教も超えて活動をしていると私には感じられて感動してやみませんが、☟
☟怒涛の荒波に22歳の心身が耐えられるのか、ドキドキして拝見していました。イケるかも・・?と思えた動画です。

☟2016年リリースされた「ジャスティン・ビーバー・Justin Bieber – Company 」素敵な音楽と動画です。☟
☟3本順に視聴すると、世界の音楽と社会の在り方の課題がわかり、わずか22歳で乗り越えてきたジャスティンビーバーの☟
☟ファンになることでしょう。世界の音楽の本質が自然に伝わる時代まで活躍して頂きたい惑星の王子さまに感じています。

☟COMPANY(うっとりする素敵な現在のジャスティン・ビーバー)☟

[purpose]1枚はもっていたい大ヒットCDはこちらです。

★★★★★