どういう意識で企画書や文房具を取り扱うのか?が、職場に影響があります。

どういう意識で企画書や文房具を取り扱うのか?が、職場に影響があります。

会社や家庭内の波動が高いと、豊かな場所となります。

整理整とんはできていても波動が高い訳ではないです。

それは、その会社や職場で、
書類を取り扱う人達がどういう意識で
企画書や文房具を取り扱うのか? が、

物質的な道具に見える用紙一枚にも影響するからです。

波動場に与える影響

impact-wave-field-01

OLさんが、上司や同僚の机に仕事を依頼された書類をおくときに、
「あ~めんどうくさい」
「これでいいのかしら?」と置いていると、
その案件は、取引が成立しない、途中頓挫する率が高くなります。

家を決める不動産屋さんや、携帯の販売ショップ等においても、
受付の人や、その後ろの書類の置き方をよくみておきましょう。

書類BOXに投げ入れられているような会社や、販売店などでは、
大事なものは購入しない、大事な案件はお願いしないことです。

例えば、時計や車や家は波動の良い販売店にしていきましょう。

あとで、故障率が高い、トラブルがおきやすいことがあります。

勤務している人達の意識が高い空間の会社や、相手のためにこの商品を丁寧に届けようとか、
大事に使用書を書くことが社会のためになると先のこと迄考えられる、
人がいる場所は、空間の波動が高くなり、豊かな場所になるでしょう。

シルバーあさみの心眼コメント

私は、弊社の取引先を決める時にも先方の会社内の波動を見て決めることが多いです。

また、社員教育としても、書類を作成する時おくときの心の持ち方を指導しています。

OL体験がある方でも最初は事務的でして約半年ほどして意味がわかるようになります。

ぜひ、取り組むと豊かな結果につながるので、継続して意識してやってみてください。