米入国制限とマティス米国防長官と10日の日米会談について

米入国制限とマティス米国防長官と10日の日米会談について

経営が危なかったツイッター社が、トランプ大統領の活用で息を吹き返すとは面白いですね。
アメリカの社会現象は、映画を見ているような気分になりますね。それを無関心にしない為、
ちょうど、マティス米国防長官が来日とは!? 何を意味するのでしょうか?

「大統領令」連発VS司法!?映画みたいだ・・!

immigration-restrictions-01

米入国制限に対して反論する女性にアメリカの報道官が「ただの役人の癖にものいうな!」といったのが、相当に印象的でした。
トランプ大統領のツイッター、メディア対応、歯に衣きせぬ発言とやりとりの応酬に、世界の首脳が反発しながらも、
実は完全にまきこまれていると、反応していることが、客観的な見方ができる悟り者ならとてもよくよくわかります。

ぐちゃぐちゃになってきました、表面だけではわかりません。

議会審議のプロセスをとびこえて大統領令を連発するトランプ政権はオバマ元大統領の数年の政策をことごとくないがしろにしています。
それほどに悪の連鎖を絶ち切ることに使命を燃やしている計算に「まった!」がオバマ派から攻撃としか思えない社会事象が起きています。

凄すぎる・・

うだうだした解決しない政党のやりとりを繰り広げる日本の政治家とダイナミックさが違います。

そんな中、狂犬とは私には見えない、穏やで極めた全身に見えるマティス米国防長官が、チャクラドロドロの○○〇〇相と会談したときに、
マティス米国防長官は「だめだ、こりゃ」と思ったのが、私には透視してよくわかりました。人格者で対応してほしいと願うばかりであり、
それが伝わるとすると、2月10日の日米首脳会談はトランプ大統領はすでに今回の事象で怒って荒れているから日本はケチョンケチョンに
なるか、逆に第三次世界大戦でもおきかねないギリギリの状態にはいっているのではないでしょうか?北朝鮮、中国が隙を狙っているのか?

各国があおっているだけなのでしょうか?

シルバーあさみの心眼コメント

世界の差別と偏見と3000年の闇計画は、世界平和どころではない究極の状態に近づいています。
日本人だけはないでしょうか?「5年後の年金の心配」をしている悠長な時期ではありませんよ~~、

狭い日本で、会社内で「どうしていいかわからない」方は、神経回路だけは整えておきませんか?
こういう時は世界で日本でトラブルが多発しておきがちです。私達はたんたんとすごしましょう。