気にしない、気になる?捉われずにコツコツ真面目に仕事に集中するために~

気にしない、気になる?捉われずにコツコツ真面目に仕事に集中するために~

こんにちわ。4月25日危機回避力を目一杯、使用した人たちも多かったのではないでしょうか。それでも「まさかね・・」と普通の生活を過ごすしかない、いろいろなことを感じた1日だったのではないでしょうか。「もしも今日1日の命だったらこれでいいのか?」と考えた人はレベルが高いと思います。私は朝から夜まで個人セッションでした。「今日1日の命でもこれでいい」と思ってご来場の方々、1人1人と向き合って過ごしました。昨日は半分の方々が「ミッションの計画」であり、他の方々は「人間関係の悩み」でありました。「人間関係の悩み」もどちらかというと、当人というよりも親と兄弟、親と夫、夫と共同経営者という他者に巻き込まれて悩んでいる場合が大半でありました。「境界線」の学びがあるとないとで絡み方に差があるようでございます。全員の方々が「シルバーあさみの公式ブログ」を熟読してきてくれますので、特に2017年1月から「話が早い」「解決が早い」方が増えました。中には「シルバーあさみのユーチューブの動画」を出勤往復も自宅でも365日イヤフォンで視聴しています。という女性がいらして「これで学び、気づきの一言を姉妹にも言えるので、トラブルばかりだった姉妹や親族がこの半年間でもめなくなりました・・(涙)」と涙を目に一杯浮かべていってくれました。いつも感謝を伝えてくれてありがとうございます。

~眼の前は鏡ではない~

「眼の前は鏡ってことですよね」という方程、人間関係が縺れていたりします。そのような考え方を否定はしませんが、「眼の前は鏡ではない」と私自身は考えています。「投影」というとらえ方もありますがこれは簡単でないので又の機会にして、「鏡」ではない、というシルバー理論があります。「鏡」では因果関係はわからないですし、映し出す光景を変えられないからあきやめやすい方がよく言いますね。だから「ではどこがどう映っていますか?」と聞くと答えられません。現象を改善しにくい方が思いこむように感じられます。すると、今村元復興大臣も鏡、金正恩氏も鏡、散歩中に電柱におしっこしている犬も「鏡」と位置づけられます。それが自分だとすると気が狂いそうですよね。全くもって目の前の光景と自分が分離していた人には有効的な考え方ですが、気づきの層の人がいつまでも「この光景は、鏡、鏡よねー」といっていると魂の進化がありません。「では何を学んでいるのか?」そちらが大事だと常々発信しています。シフトしましょう。

さてさて、人間関係についてです。会社で誰かと誰かがもめていても「気にならない」場合と「とても気になる場合」があります。火の粉がふりかかってくる場合と、すれ違い様程度の場合があります。「境界線」があった上ですが何が気になるのか分析してみるのも手です。Aさんに自分も数年言いたいことがあるので、変わってBさんが言ってくれている、とかとか、よくあるパターンです。その時、見て見ぬふりなのか、自分も本音を言うのか、対応が問われる時もあることでしょう。ハイヤーセルフに繋がっていると、「いう」or「いわない」もわかるようになります。そうでない場合は、「中立」で「良心」に従って答えをだしましょう。会社内はもめごとが少なく、仕事に集中できる場である方がいいのは確かです。
仕事以外のもめごとがあると時間が無駄にかかりますので業績が悪化したり疲労したりします。こんなご時世ですから、「仕事ができる有難さ」に気づいている人から、明るい挨拶をしていくことで職場の雰囲気も変わっていくことでしょう。今まさに、「「仕事できる現場」があることは「ありがとう」以外はないので大事にしていきましょう。」」とお話がわかる人から人へ伝えていきましょう。「「仕事できる現場」があるってことは「ありがとう」以外はないので大事にしていきましょう。」」

親族のもめごとは「3世代カルマ」だとすると紐解けます。「4世代カルマ」「5世代カルマ」はなかなか・・厳しいと感じます。世界中の「差別」による親族の争いもそこにあります。
「兄弟とあわない」人も、実は親との課題が解消されていないので起きています。「兄弟」「姉妹」で向き合うよりも「親」と向き合うことによって緩和されていくのが基本の磨きです。同じ環境でわかるが故にまた差をつけられたなど動機はさまざまなれど、親への不満から親族トラブルは起きています。姉を鏡としないで「3世代カルマ」の因果関係の解明の方が必要です。「3世代のカルマ」の連鎖を修了させることは地球上で可能です。人間修行の修了の時(=ゼロポイント)の瞬間でありますね。

人間関係を気にしていると朝から夜までネガティブかもしれません。スカッと爽快に仕事しましょう。

シルバーあさみの心眼コメント

「境界線」「境界線」この学びが必要です。やはり「境界線」の書籍を書きたいな・・。と思って1年か~。「シルバーあさみの公式ブログ」に情熱を打ち込んで書いていますので、その執筆の時間がうみだせるのか、わくわくしたらトライしてみます。私の場合、生かしてくれる人がいないとエネルギーの消耗が起きるのですね。「シルバーあさみの公式」ブログがこれだけサクサク書けるのは人生に生かしてくれる方々が多いのだと感じています。地球には2:8の法則があり、8理解者、2異論者があるのは自然の法則です。毎日ブログを書かなければ、8割のアセンションの理解者ともお目にかかれません、また80%の方々が生かしてくださればそれで本望でございます。有難うございます。

★~気づきの法則に「境界線」の項目が一部あります~★