なぜ、人間関係の悩みが多いのでしょうか?

なぜ、人間関係の悩みが多いのでしょうか?

「人間関係の悩み」は、何故、発生するのでしょうか?
お金と体の悩みもきついけれども、人間関係の悩みは頭を重たくします。

人間関係を「家」と「職場」に分けて考えていきませんか?
今日は、人間関係の「職場」編から丁寧に書いていきます。

なぜ、人間関係の悩みが多いのでしょうか?

human-relations-worries-01

まずは、人は、魂を進化向上させるために、人と人で魂を磨き合っていくことが宇宙の真理です。
自分が、解放できていない錆、傷、因があると、そこが痛まる人が登場することになっています。

「否定されたくない」という意識があると「否定してくる」「認めてくれない」人と合う訳です。
「職場」で、どうしても苦手な対象者がいると、仕事が楽しくありません。
「あの人さえいなければ」と考えると、ずっと眼の前にいることでしょう。

「魂の磨きの相手」だと思うと、まさに「ありがとう」と相手と向き合うしかありません。

人を見下すと見下されることもあり、自己価値が低いと人と比較することになってしまいます。

人間関係の悩みとは「自分は正しい」「自分はあっている」「自分を変えたくない」というような時に
おきやすいので「自分を変えていくしかありません」相手をかえるのではなく自分をかえていきます。

「自分が相手を嫌い」であると「相手もあなたを嫌い」です。
鈍感な人でもここだけは敏感にわかり関係が好転しません・・。

まだ、会社を辞めない場合は向き合うしかありませんし、逃避してもまた同じことはあります。
ということは自分が変えていかなければならない部分があるということにまちがいないのです。

相手よりも上回る人間であることを悟り、あきらめる(悟り)しかないのが世の常でありまする。

シルバーあさみの心眼コメント

人間関係の悩みから自分を発見していきましょう。
「変えていく箇所」はどこなのか? 気づいて向き合うと、調和に近づくか、相手が別の場所に移動します。
相手の嫌いな箇所にこだわるほど、かなり長期間、あなたは葛藤せねばなりません。自分を変えるのです。

悩んでいる方に、「シルバーあさみの公式ブログ」を読むとヒントになるよ、と教えてあげてくださいね。