人と仕事が上手くいくためには「境界線」が決め手!!

人と仕事が上手くいくためには「境界線」が決め手!!

本日「ミッション起業塾」を開催して、初めて参加の方々もおられましたが、「境界線」がきちんとあり、授業がスームーズで嬉しく驚きました~!
きっとうまくいく人達が「集合」しているんですね。人と仕事が上手くいくためには、出会う人達、取引先関係、仕事仲間の「境界線」が決め手です。

「お金」を生みだすのは「境界線」の決め方です!

「相手に立ち入りすぎない」「時間を越えて関わりすぎない」「関係ない話をする取引先は要注意」などなど、語りつくせない「境界線」の話はあります。
月給が安定している人達は、「境界線」がある、「境界線」がある人達は、仕事もうまくいっている、これはまちがいのない事実である「境界線」の極み。

相手に要望をだす人が「境界線」がない、そしてそれを安易に受ける人も「境界線」がない。メールで個人的な感情のやりとりする人にはならないようにしましょう。
あるメールに返事を最小限にする、またはやりとりはしない、ということも必要善です。私はメール文化で「境界線」がなくなった人達が多いがゆえに社会が乱れて
倫理マナーがよろしくない人がいるように感じます。誰にみせてもいいようなオフィシャル度の高いメール以外は、控えましょう。

メールでのやりとり問題が世間をにぎわしているが、メールの使用方法に「境界線」があればこうはならなかったという後の祭りです。
これ、私の心眼コメントあっています。だって、○○リーさんも、○○ケルさんも、日本の首相の○○さんも、メール問題で叩かれています。

たとえ個人の携帯であったとしても、磁場、波動、意識、伝播、ヘルツ、波長を知っていたのならば、メールの相手とタイミングと文章を的確にしたのでしょう。
私は、「なんだかレベルの低いやりとりだなー」とがっかりしてしまった次第ですね。リーダーの妻であるがゆえの立場と影響の「境界線」がなかったのですね。

世界はインターネットによって、霊格レベルが魂的に封鎖された人がふえすぎたのでしょうか?

ところで「富士山」は世界の第三チャクラのポイントの場所です。境界線がない、人と人が磨けない、相手のせいにする、人間関係が改善されない、悩みが多い人達が増えていて、富士山がなげく・・「ギリギリを超えた」? 人間が魂進化を選ばない「境界線」を超えたのでしょうか。危険度MAXは「境界線」がない人達が改善することが急務です。人にお願い事ばかりするので自分も痛い目に合う、また、「首をつっこみすぎる」ので自分も痛い目にあう、メールと立場に「境界線」がない人の実例をいやというほどみせられています。なんか、うんざりしてきました。なぜなら、日本は、言霊の国、「境界線」は日本の文化だからです。

シルバーあさみの心眼コメント

人のふりみて我がふり直そう~!「境界線」があればトラブルは回避できる!

シルバーあさみの「魂が覚醒する具現化の法則」はこちらから