ブーメランが返ってくる人間関係とは?

ブーメランが返ってくる人間関係とは?

「悪しき心を使うと眼の前の現象になる」のは何度も書いています。人間関係においては「魂を磨くこと」であること、人にしてしまったこととはブーメランのように自分に痛く返ってくるということも知っておきましょう。(写真がそれを現しています)その速度が早くなっていますので「痛っ・・」と思ったら改めていく、今日から出会う1人1人を大切にしていきましょう。

~因果関係のブーメランの法則~

例えば、人と人の間でリアルに起きる以下のことには本人に因果のブーメランが返っていきます。そのブーメランの刃先の鋭さは相手にしてしまった分量(%)によります。
●人から愛を奪うと自分も奪われるだろう。
●人を比較すると自分も比較されるだろう。
●人を見下すと自分も見下されることになる。
●恩を仇で返すと自分も誰かに裏切られます。
●立場を略奪すると立場がなくなることがある。
●陰で誰かの悪口をいうと自分も陰でいわれる。
●不倫関係があると数年間はカルマの輪がはまっている。
●子供を痛めると老後、厳しい環境になっていくだろう。
●自分を育ててくれた親を痛めると金銭苦になるだろう。

逆に、「徳」を積む、「思いやり」「愛情をかける」「相手のために与える作業」は生涯かけて丁寧に恩恵となることでしょう。しかし「徳」というのはお返しを考えて積むと「徳」になりませんから、見返りを求めずに人のために動いたり考えたり貢献したりしましょう。仕事を懸命にすることも誰かのお役にたっています。また上記[●]を過去やっちゃった人達は教訓を活かして急ぎツケを返して「徳」を積みましょう。

シルバーあさみの心眼コメント

人間失敗はあります。未熟な自分を責めずにやり直し。執行猶予期間は9月までのようですね。上記●の実例でなくても思い当たる人間関係の未熟な対応ややっちゃったことを二度と繰り返さないように精進していきましょう。時に相手がオカシな●の人もいますが、ブーメランは本人に返るだけですので気にしない、気にしないことです。自身も教訓にはしましょう。