父親と自分の関係性がお金、ミッションに多大に影響する真実とは?

父親と自分の関係性がお金、ミッションに多大に影響する真実とは?

「父の日」です。「父の日」だけ感謝するのは如何かですが父親との関係性を考える、父親に「ありがとう」を伝える機会にはなります。今日は改めて自分が生きているのは「母親」と「父親」が存在するからであり、「母親」は主に「人間関係」に多大な影響があり、「父親」は「お金面」「ミッションの実現化」に多大に影響がある真実を理解していきましょう。「母親」は腹の中に心臓の鼓動を約10月10日聞いていますからどんな母親も子供に愛着があり自分の体の一部のように無意識に埋め込まれています。「父親」は恋人、自分の女の腹がどんどん大きくなり、1対2のような感覚を受けていよいよ出産後にご対面の時に「あれっ、自分はこの子の父親?」って感じるスタートもあるし、立ち合い出産がかなり増えているようですので「すごい・・、生命の神秘だ」と感動した子供との出会いの場合もあるでしょう。「母親」はへその緒で繋がっていましたが、「父親」は個と個のご対面から親子関係が始まります。大きな違いですね。そこに魂の学びがお互いにあります。「どう関わっていくのか?」「どう関わってきたのか?」が子供の潜在意識に刷り込まれます。「父親の観念」を解放&リリースするまで磨かねばならないことが人生に起き続けます。それは、、「シルバーあさみの公式ブログ」は宇宙、アセンションという天の情報も書いていますが、日常の悟り道を同時に行う地の作業も丁寧に書いています。天地伴わずして人生が円滑になるということはないからその次元の突入前に理解をして取り組んでみませんか。いつも「シルバーあさみの公式ブログ」を読んで頂いてありがとうございます。

タイトル

「お金」は自分の価値のエネルギーである。自身の価値を磨いて自己向上することによってお金を受け取れる価値はあがる。」(人生が覚醒する言霊・シルバーあさみ著)とあります。「父親」が「子」をどういう価値感で対応するのかで子供の能力に影響があります。「お前はそんなことだからダメだ」「何をやってもダメだなー」なんて「父親」に10代の時に言い続けられると青年期、受験期、社会にでてから悩み葛藤することがしばしば起きます。具体的な現象では何も起きていなくても潜在意識に「否定感」があるので馬車馬のように働いても「自己肯定感」が低いので金銭を労働時間の価値相当以下になったりします。人生でコンクリートのような壁が立ちはだかる難関を体験したクライアントさまのご相談を過去多々受けましたが、ほぼその中の90%以上の人達が人生で「父親が嫌い」「父親が憎い」「父親と断絶」しているという臨床結果があります。また、「時には厳しかった」「レールにひかれました」ぐらいの方でも職場で思わぬ望まない人事異動になったり、上司にあたる人から無理難題を言われたり、目上のたんこぶで悩むことがあります。これは潜んだ意識に「父親に従えない」「父親を許せない」という意識があるので仕事で葛藤が何度も起きたりします。潜んだ意識は自分で認識していないから潜んだ意識と呼んでいますので「特に父親とはふ・つ・う」という人もクリアにしておくことが必要です。「ふ・つ・う」でいいはずがなく、何故なら「ふ・つ・う」の人達にこそ親子間やシニア世代の金銭課題、心身面の悩みが山積みになる場合が起きています。顕在的にはわからない意識の父親に影響された価値間や思考が、いくら抵抗しても自分の「仕事」「金銭面」「社会面」に多大に影響があります。気づいて認識することが必要です。父親が「金なんて」「金儲け」「いやぁー会社もありがたいよー」という考え方を言葉や態度にしていました。自営業、サラリーマン、国家公務員、種々さまざまな職業での考え方を息子や娘に教えてようとする、もちろん子供のために、ですが、その父親も自分の父親に固定観念を押しつけられてきました。まして、戦前戦後の「~すべき」「~こうせねばならない」という生きることに必死だった祖父が父親に影響を及ぼす、その父親が私達に影響を及ぼす、これを私は「3世代のカルマ」と呼び徹底解放をする必要があると考えています。自分の思考を楽にニュートラルにした上で「お父さんありがとう」という言葉を伝えると同時意識でお互いに魂が喜びます。体も楽になります。潜んだ意識の捉われや阻みの意識がないので爽快になります。自己価値もあがるので金銭面の解決にも繋がります。逆にお互いに引くに引けないこだわりや「こんなにしてあげている!」という執着があると裏切られることになって身体を痛める現象が起きる悲惨な場合もあります。ぜひあなたが気づいて「父親は父親なりに懸命に働いて働いて育ててくれた」と手をあわせましょう。焼野原から働いて働いて今日の日本を創り上げたお父さんたち、本当にありがとうございます。 「これでよかったんだ」と後悔が少ない方々ほど心身が楽になられます。シニア世代が仕事を終えて楽な生活ができますように~。靴を磨いて差し上げるのもよろしいと思います)

「自分の好きな仕事やミッションで金銭を安定させる」それはとても幸福感があることです。しかしそうできない場合がある、それは「父親が金銭面で苦労していたり」「人間なんて好きな仕事ができるはずがない」と言い聞かされていたかもしれません。「すきにしろ」と放任主義だったかもしれません。どちらにせよ、大黒柱、大地に大木である父親があなたにどう映ったのか? 女性(母親)に虐げられていたのか?馬鹿にされていたのか? (父親をバカにする女性はゲスの極みですよ)それが「本当に生きがい事業で金銭を安定させる」ことができない理由です。顕在的な理由ではないのです。いくら顕在的なセミナーや投資をしても「潜んだ意識」の認識に行きついていないと木がたたないのです。たっても細い、折れやすいとか、何度も繰り返すとか、、、宇宙は教えてくれています。「あなたはあなたの父親から何を学びますか?」その答えをもっている人はミッションで順調です。

シルバーあさみの心眼コメント

「なぜこの父親だったのか?」・・地球で魂を磨くために必要な父親です。これは事実です。逃げることはできない。普通の感謝から深い感謝になるためには
潜んだ意識に埋め込まれた因の発見が必要です。父親が幼少期に不在がち、早くに父親が亡くなった方にも影響はあります。人間は男と女から生まれる、そこに学びがある、学び力が低いと自分が葛藤するし、自分の子供が辛い目にあう率が高いです。この課題を学びきると「お父さん、ありがとう」と叫びたくなります。そしてまだそこまで到達していなくても型から入る手もあります。照れずに「お父さんありがとう」とメールなんかではなく直接伝えることにしましょう。お互いに体が楽になります。一番近い先祖ですから肉体がある間にまっすぐ伝えてください。亡く父親にも魂には通じますから手をあわせて「お父さん、ありがとうございます。」(父親から受けた潜んだ意識を徹底解放して覚醒する場合はラストチャンスで会いましょう。)