人間関係は「境界線」の習得で時代を乗り越えられる!!

人間関係は「境界線」の習得で時代を乗り越えられる!!

人間関係で魂を磨く基本とは、自分と他人のそれぞれの「境界線」を大切に、苦手や嫌な人とも一定期間は向き合い、その相手との因果の関係性から魂を切磋琢磨することで将来の人間関係の悩みや課題は解決していきます。人と人の世の中で魂を磨くには「境界線」の習得が必要です。この「境界線」を捉えると、人に期待や要求をしなくなり自立心がついてきます。中立心や尊重度も失わずに「境界線」をもって、リアルに社会生活や家庭生活で人と人の関係性で魂を磨いていきましょう。

~「誰にも求めない」と魂を磨いている間に「境界線」が整っていく~「

「境界線」とは相手の話や立場にはいりすぎない、しかし相手から距離をひきすぎない、適正なラインが「境界線」であります。例えば家庭と社会で「言葉使い」に差がある人ほど、表裏のある態度となり相手に依存性が強く不調和になる場合が多いようです。豊かな人達は家庭でも常に言葉や姿勢が整っています。家庭や会社や団体で気づき度が高い人の人数が多いと仕事が楽です。価値感が違えど分かち合え、時にはエゴがあれど人生が上昇しやすいです。そうできるかできないかは「境界線」の習得率であり、互いに「境界線」をもって魂を磨き合くことです。「境界線」と「人間力」は一致しています。相手を尊重できるのか、自分の勝手だけを相手におしつけるのか、「倫理」が問われる場面があります。「境界線」と「人間力」とオフィシャルラインは一致します。社会のリーダーとしては常にパートナーシップを整える必要のあるラインが「境界線」です。

人間は最初から万全ではないので「境界線」を整えていく間に「誰にも求めない」など魂を磨いている間に「境界線」が整ってきます。「世のため人のためにできることをしよう」という人達は「境界線」が整ってくるのです。誰にももとめない「境界線」の習得ができると愛と尊重と信頼関係がある仲間ができます。人と人が磨き合う「境界線」相手の領域を知った上で、大切に魂を磨き合うことが必要です。ライン設定を間違うと自分が痛い目あいます。ただ、実践して体験すればいいのです。「境界線」を習得して人間対応力を高める。非常識と常識のラインとは、相手の人に対して失礼=非常識、尊重=常識の「境界線」です。まわりをよく見まわしてみましょう。教育を受けておらず常識を知らないだけの人であるのか、団体に迷惑をかける可能性がある非常識な人間なのか、早めに判断できることがあります。「境界線」が整っていると互い、感謝も湧きます。人間修行の最期は「境界線」の極み=「感謝」ですね。

「境界線」を知らない人には無理であろう人間関係の悩みの解決とは、その解決能力の大いなる効果的な方法が「境界線」であり、家族、夫婦間、親子間、ママ友、近所、仕事仲間、プロジェクト仲間によって、「私は今こう思う」、「私はこう感じる」と分かち合えずして人間関係の悩みの解決はできないのではないでしょうか。要は、感情はゼロ、欲求はゼロ、責める気持ちもゼロであると悩みが打破でき、必要な人間関係がうまくいくということですね。人と人の修行の境です。人と人の間で幸せになりたいなら「境界線」の習得、あなたが分かち合いたい相手とも「境界線」が必要です。青年たちの輝く未来のために大人ができることは、母親の目覚めと「境界線」の習得です。家庭内の不都合は「境界線」のずれでしかない・・。世界中が「境界線」を知るのならば豊かな世界になることだろう。 家庭の教育とは? 人として生きる知恵の教育を受けている人は社会人としても、社会生活の基礎の土台ができている訳です。「倫理」「境界線」まさに家庭の教育の基礎にしましょう。 母親が智慧と知識と倫理がある「境界線」であると、自然に人間適応能力がある青年となります。互いに「境界線」が適切であるとパート―ナーどちらもビジョンの実現化が可能です。「境界線」を知っていると必然性と自己責任力が高い。すると人生がうまくいく人達です。「境界線」を極めて「誰にも求めない」という境地に近づくでしょう。我欲と所有欲が強い人は「境界線」が弱いです。私のもの、私だけのもの、我欲、所有物、家族だけには、私が愛した人、愛されたいと求めるます。我が執着している相手、家、仕事、私の思い、私の愛着等があると、目覚めも遅いし、エゴの依存度が高いので3現象(お金、体、人間関係)に悩みが増えてしまいます。「境界線」を習得することで悩みは減少していきます。

シルバーあさみの心眼コメント

人を尊重する「境界線」、愛と信頼だけを通す「境界線」、言葉に尊重心があるかどうかで「境界線」が整っているか否かよくわかります。相手の大事な事を大事にできる人が愛の境界線がある人です。大事にしましょう。相手に期待しないことです。期待があると依存関係がおきやすいです。「境界線」を意識して生活する習慣●求める気持ちや我を認識してリリースすること●誰にも求めずただ魂をみがくことをトライしていく間に「境界線」が習得できるようになると衣食住が豊に安定していきます。「境界線」は習い事のように日々精進して習得していくことができ、それが時代を乗り越えるために万全な策となります。