「境界線」は来る時代の家庭と仕事の土台に極めて大事です。

「境界線」は来る時代の家庭と仕事の土台に極めて大事です。

家族も職場でも「人と人のライン」(=境界線)を意識するとしないとでは、お金、人間関係の円滑度、大いに豊かさの結果に差があります。客観的に中立心をもって日常をすごすことは、実際の人と人との対応で、相手に入りすぎたり相手から引きすぎたりを実際に体験しながら、依存と自立心との関係性に気づいて学びましょう。

~日本人は他人を気にしすぎる、他人が気にならない境界線を~

「向こうの世界はどんな世界?」という興味からラインを踏みすぎると痛い目にあいます。日本人の人に対する尊重心、倫理感、相手を思いやる気もちは畳の縁の境界線を意識しているからこそ相手に通じるラインです。相手に期待しすぎ、特別感がありすぎると不都合がおきます。感情的なやりとりがある時には、「境界線」がない、忘れている場合が多いですね。社会でうまくいっている人達は、「境界線」が見事であり、言葉、思考、人間力があります。「境界線」が整っていると言っていいこととよろしくないことをわきまえていますので不調和が起きにくいです。それでも人間関係で魂は磨かれて切磋琢磨は起きますが、分かち会え、課題が解決していきます。相手には会いての都合とタイミングがある境界線のラインを相手の承諾なしに踏んではならない、これは神社にある結界と同じでございます。

境界線が適切であると倫理感が高いです。他人に要望を求めず、自己責任が力があり、人間力もある、リーダーは境界線が整っていないとお仕事やプロジェクトができにくいですね。信頼と期待とは違うという長けた境界線が必要です。誰にも要求しない、成すべきことを成す、社会や会社が「境界線」を認識すると不調和が起きにくいですね。家族も同じで親子間、夫婦間、パートナーシップ間、「こんなにしてあげている」というのは境界線がない、各々、互いに成長しあっていると悟り度が高いと家庭が調和であります。 家族に固執する、執着する、所有しているとトラブルが多いでしょう。近しい人の間にほど「境界線」、鈍感ではならなない、敏感に鋭敏に「境界線」が必要です。「境界線」と人間力は一致します。「境界線」があると常識は尊重であり、非常識は非礼であるとわかり、尊重し合える社会になるでしょう。

お金、人間関係に悩みが多い人は、「私はこんなに大変です。誰か助けてください。」と親、仲間、男女間に依存しやすい、要求が通らないと逃避か攻撃をする人は依存度が高く、境界線がない、知らない、緩いのはまちがいのないことです。 要求が強い人ほど、「境界線が理解できていない」現象が起きます。「あなたのせいだわ」ということ自体が幼児性があり、他力本願で自己責任力がない場合が多いですね。人と人の社会の行動基準には尊重のルールがあり、それが「お金と時間」で守られていることもあります。時間に緩い人は、金銭感覚にも緩い場合が多いです。お金の貸し借りは極力さけましょう。お金に緩い人は整理整とんもできない、期限をまもらない、人に迷惑をかけることが多いですから自分が「境界線」があることで判別ができるかもしれません。仕事の取引先にはとても大事であります。よって通常、取引には契約書があり、それを守らない人は通例はほぼいないことでしょう。

自己成長を望む人達は、適正な「境界線」を習得できます。愛と尊重のラインが整ってこそ、家庭と仕事の土台ができます。方法としては言葉を整えていくことをお勧めしています。

シルバーあさみの心眼コメント

金銭面が安定している人たちは境界線がある、依存性がある人たちは境界線がない、緩い、よって金銭がカツカツになる、お金に窮していると人間関係に尊重度が欠ける、人に求める、家庭内、職場に不調和があるのは境界線がないからです。来る時代に備えて「境界線」を徹底して整えましょう。ネガティブに巻き込まれない方策としても大事な「境界線」です。「境界線」意識するとしないとで生活スタイルが変化してくる、もちろん「境界線が整う」と人生が好転していきます。

★シルバーあさみ著~気づきの法則の「境界線」はこちらから~★