天才のノート術で、シルバーあさみの起業歴をまとめてもらった結果とは・・!?

天才のノート術で、シルバーあさみの起業歴をまとめてもらった結果とは・・!?

「シルバーあさみのミッション起業塾」のサポーターでもある、
マインドマップを日本に広げた第一人者の内山雅人先生に「シルバーあさみの起業家実績」をマインドマップにしてもらいました!

マインドマップが出来上がって内山雅人先生に
「いやぁ~これだけの実績と結果を、2日間で教わる人たちは本当に人生の宝と実力になりますね。
いやぁ~、5年前から存じていますが、この実績は聞いたことないほど凄いです。しかも、益々、」と
若々しい健康度にもご称讃頂きました。その起業歴がこのマインドマップです。ぜひご覧ください。

「宇宙の真理」が詰まっていて実践的な起業実績が、マインドマップになりました。(拡大もできます)

genius-note-technique-01

「マインドマップ」とは、何か、著者の内山雅人氏に一筆頂きました。

[マインドマップ(R)は、英国のトニー・ブザン氏によって開発された中心から放射状に枝を広げて、絵や文字をカラフルに楽しくかいていくノート法です。
そもそも、ノートとは「脳で起きていることを見えるようにする」ツールですので、その「かき方」は、私たちの能力や日常に、想像以上の影響を及ぼしています。私たちの脳での活動は、これまでのノートのように文字情報だけで表現できるほど単純なものではありません。また、論理的な回路を全く介さずに働いていることも多いものです。右脳、左脳、新しい脳、古い脳が複雑に絡み合って高次元の活動を可能にしているのです。

マインドマップは、そんな脳の力を最大限に発揮するためのかき方が工夫されていて、
しかも脳にとって大変ナチュラルなため、仕事の効率アップのみならず、隠れた能力や思考を自動的にひきだすことができます。
その手法は、マイクロソフト社のビル・ゲイツ氏や元米国副大統領でノーベル平和賞を受賞しているアル・ゴア氏も日常的に用いており、
OECDが行っている世界学力度到達度検査で常に上位に位置しているフィンランドでは、学校のカリキュラムの中に取り入れられています。
マインドマップを使い始めると「記憶力の向上」「思考の幅を広げる」「楽しく頭を使える」「集中力が増す」「自信を持った意思決定ができる」「本や講演のまとめが上手になる」「計画が立てやすくなる」「情報共有の質が高まる」などの変化が現れますが、これは、「自らの思考を一目で俯瞰し関連付けることが容易になる」という特徴を持っているためです。このことは、仕事の上でも「アイデアがあふれ出す」「効果的なToDoリストをつくる」「効率的な時間管理ができる」「有意義な会議を実現する」「日常のコミュニケーションが共感モードになる」など、別次元の日常を生み出すことも可能にします。
マインドマップのかき方はすぐに学ぶことができますが、人の思考と直結できる手法であるため大変奥の深いものなのです。]

内山雅人著「天才のノート術 連想が連想を呼ぶマインドマップ(R) 内山式超思考法 (講談社+α新書) 」

★★★★★

シルバーあさみの心眼コメント

私自身、切り替わり時に、内山先生のマインドマップでサポートを頂いていました。
内山先生も、教員歴17年後に起業家として転身決断、道を切り開かれている方です。

「本当にすきなことで生きられるのは幸せですね」といつもお互いに使命をたたえあっています。
「シルバーあさみのミッション起業塾」の協力サポートをグループコンサルでもしてもらえます。

ミッション起業塾はこちら