父親と母親と自分の関係性が、人間関係に影響していることを知りましょう。

父親と母親と自分の関係性が、人間関係に影響していることを知りましょう。

家庭や職場で、人間関係の悩みが続いている場合には、
誰も責めず自身のエゴを見直していくことができると、
自己改善ができて、自己成長へと繋がっていくでしょう。

父親と母親と自分の関係性が人間関係に影響する

father-mother-01

「そうは言っても辛い」人たちに、気づいてほしいことがあります。

父親と母親と自分の関係性が、人間関係に影響するということです。

とても深いので、この項目で徐々に書いていきますが、

母親との接し方が、大人になっても他者に影響するということです。

たとえば、「ふれあい」が少ない幼少期をすごしてきた人は、
人と人の間の「境界線」がわからないので相手のラインを踏んでしまい、
相手に求めてしまったりすることから、トラブルになる場合があります。

回避策は「相手に要求しない」です。

父親との接し方は、社会との接点になることでしょう。

認められているか否定されてきたかが、人間関係に強烈に影響をしていきます。

シルバーあさみの心眼コメント

両親との顕在的なかかわり=「普通に感謝している」ということだけではなくて、
幼少期の体験が、上司、同僚、夫婦間、親子間で起きることに多大な影響がある、
まずは、そのことに気づいていきましょう。

father-mother-02

幼少期の傷や固定観念、思いこみという潜んだ意識が自分でもわかるようになるためには、
覚醒道マスター講座を受けると、自己メンテナンスができるようになり、改善が可能です。

☟☟☟