人間が食べるために仕事をするとしたら、狩りをする動物との違いはどこにあるのかというと?

人間が食べるために仕事をするとしたら、狩りをする動物との違いはどこにあるのかというと?

生きるため食べるために狩りをするのは、
ライオン、トラ、豹という動物がいます。

お腹がすいていない時は、休憩をしています。

人間は、「食べる」ための仕事でしょうか?
生きている間に多少はあるかもしれません。

小食の人たちは、どうなるんでしょうか?

家賃のために、仕事をするのでしょうか?
多少はあるかもしれません。

家賃がなければ仕事はしないのでしょうか?

では、かなり極端な考え方かもしれませんが、
遊牧民は、仕事しなくていいのでしょうか?

思いっきり自分を試せる仕事をしたらいい

difference-between-animals-to-hunt-01

がらりと仕事に対しての考え方を変えていく時代です。

たとえば大学生が奨学金でアルバイトばかりして、
奨学金を返すために好きでもない仕事につくのは
その姿をみていてもせつなくて苦しいことですね・・・。

「好きに生きていきなよ」といってあげたい気持ちです。

偏差値の時代もとっくに終わりましたし、
親の古い価値観や固定観念に縛られずに、

思いっきり自分を試せる仕事をしたらいいのに、と考えています。

シンガーソングライターになりたいのならトライしたらいいですし、
舞台俳優になりたいなら、そのための訓練をしたらいいでしょうし、

好きなことで起業したいなら、とことんやってみたらいいのです。

社会の倫理マナーは必要でありますがトライの精神で仕事しよう。

シルバーあさみの心眼コメント

家賃に囚われの時代から、社会に意義ある仕事をとことんやりぬく人達が
うまくいく時代がきています。天と繋がり、地の作業をうまくいかせる人、

人生は、魂の体験。
仕事は、人間経験。
時代は、仕事変革!