「破壊」から「再生」が各個人にも起きるでしょう・・。

「破壊」から「再生」が各個人にも起きるでしょう・・。

東京は粉雪です。全国的に雪が多いありがたい1日です。
発表している期日はみごとに次元が上昇する日程ですね。

節分前後に起きた事象は、「破壊」
これを見事に受け止めると「再生」

雪は全てを洗い流してくれるでしょう

朝、雪を見て「宇宙はありがたいな~」と思いました。ほぼ、睡眠をとれずにすごしていて、自分を適正に保たないと朝が迎えられないぐらいに、
地球のアセンションは速度をあげている、どこをどう伝えたら、書いたらいいのか、自分ができることは何なのか、激動の時代に突入しています。

こういう時に、どうでもいいことを言っている人達は、アセンションとは無縁なのかもしれません。いや、だからこそ、地球のアセンションかな。

この惑星には、魂の進化レべルが、さまざまな過去輪廻転生の体験をもつスピリットが結集していて、人間としてドラマを繰り広げていますから、
そこに愛あり、憎しみアリ、エゴあり、カルマあり。地球で進化するスピリットは、教訓して向上することを選択したり、破滅を選ぶ人もいます。

お金を勘違いしてお金にふりまわされる人達もいるし、心身にあるチャクラにエゴがたまりすぎて臓器等を痛める人もいます。
いろいろなレベルの人がいると気づかずに、責めたり、非難したりする未熟な魂の人達は人間関係のドツボにハマるでしょう。

まずは、感情から解き放たれることです。所詮、あがいてもあまり結果はかわりません。

みな懸命に生きているのでしょうが、意識が現実化する速度が5倍にあがっているので、ボヤボヤしていると、アセンションの電車に乗り遅れてしまうでしょう。
進化したスピリットも待機している惑星であり、意識が遅れている部分、団体や個人にいたっても、破壊が起き続けることは確実です。淘汰は既に起きています。

「惑星外の生命体はいるのか?」という討議が海外でも増えていますが惑星外の生命体がいない方が不思議であり、どれだけ人間が宇宙の中心であるという驕りが
あるのかと「・・・・」と眺める次第であります。最近見た映像では、2年以内に暗闇になるようでして、その中キラ星のように輝く星のような場所もあります。
これは地上のお話です。

シルバーあさみの心眼コメント

破壊や淘汰を「怖い」と思う人は、闇意識がお強いです。宇宙や惑星は、破壊と淘汰を繰り返しているのが、自然な森羅万象です。
気づかねばならないのは、人間も宇宙の一部ということです。よって、人間の体も自然に近い人は生き残るということであります。
生き残りたい、生き残りたくない、という狭い了見で書いているのではなく、多目的な視野をもつことが必要な時代ではあります。

地球のアセンションの理解をあげるためには、アセンション記事を読み直しましょう~