右脳と左脳の働かせ方のコツを得ると人生に大事な恩恵を運んでくれる。

右脳と左脳の働かせ方のコツを得ると人生に大事な恩恵を運んでくれる。

赤ちゃんは頭から成長して脳の基礎ができていく幼少期には右脳と左脳を徐々に開発しています。人間は写真のように右脳も左脳もありますが、どちらかを過多に使用するだけですとある場面では有効に思考が働くが、ある場面では機能しないことが起きます。現代社会ではありすぎる情報と複雑な人間関係と仕事が脳の処理能力を超えてしまうと心身が疲労困憊となり、発想も浮かんでこない閉塞感に捉われることがあります。単純ですが、どちらの脳力も実際にあるのでどちらも脳力開発できると宜しいですね。まずは右脳と左脳の理解をしましょう。

~自他ともに幸せな実現とは右脳と左脳の働きにもよる~

右脳と左脳のどちらかしか使用しない習慣が長い期間があると老化してしまう、相手にわかりやすく説明する言語能力は左脳です、左脳の訓練をしていないとお金を稼ぎだすことができにくいです。右脳の感覚派は実務能力が不足しているのでアウトプットが弱かったりします。また逆に偏差値高し左脳派は事務的で人の感情がわかりにくい場合があります。合理的、効率的な左脳派が3次元社会を経済大国にしました。右脳はそばに左脳派がいないとすぐれた音楽や絵画も実現化しにくいことでしょう。しかし理屈と理論なき創作には長けている場合が大いにあります。創造やインスピレーション感覚は右脳が動きます。右脳と左脳を繋ぐ脳梁の働きをよくすること、右脳と左脳を上手に動かしている人はストレスにも強くメンタルにも強く対応能力に長けていきます。科学と数字は左脳、第六感、超感覚は左脳、どちらも融合できると凄い世界が生まれそうですね。私は覚醒の道を歩む人たちに「認識力」を何度も能力アップするように教えてきました。眼で見て、脳で認識する的確に判断する、そして実践の道。これを何度も行っていくと覚醒の段階が高くなるからです。実は透視力の会得はだれにでもでき、訓練で開眼します。感覚機能の覚醒とそれを伝える力、まさに右脳と左脳の融合に近いことを高い段階の人たちには教えてきました。できる人は「ビジョン」訓練をしている人たちです。さぼると感覚は鈍化します。五感が鈍ると味覚も鈍感になります。脳の機能も鈍化します。私はつくづく、「シルバーあさみのセレクション」のオーガニックを何度もご購入頂く方が格段と文章力も向上したりすることを実際に拝見していて、五感が鋭いと右脳と左脳も闊達化するということを臨床体験しています。五感を鍛える型から訓練するか、ブレゼンや文章力で左脳を鍛えるか、できれば弱い方の脳力、あまり使用していない半分側を動かしていくことが必要です。SNSに乱れた痴話話を書く人は左脳に弱いことがわかります。また区役所の窓口で住民の困りごとに冷たいクールな対応をする人は右脳が弱いです。能力を高めることは、心身の安全にもつながります。自己管理能力、体重管理、雨の日に怪我をしないようにするなども「脳力」です。優しいけど(右脳)仕事はできない、純粋だけど実現化に弱い。実務能力(左脳)に長けているけど思いやりにかけるがなど起きがちですけど、ぜひ自然にどちらも活用していくことを心がけましょう。どうやって? はい、今とってもいい方法を考えています。

シルバーあさみの心眼コメント

「地球平和」「愛と思いやり」「人と人は繋がっている」美しい右脳派が、ある程度の実務能力があるとビジョンが具現化しやすいいです。また実務派、理論は長けている人が感覚、ハイヤーセルフに繋がると無限の可能性があります。科学と精神の融合もできるかもしれません。レオナルドダビンチ、アインシュタイン、右脳でインスピレーション、左脳で論理化しました。どちらも闊達すると社会がどう変革してもどの業界でも生きていけるかもしれません。これからの衣食住の安定は右脳と左脳の融合者だと私は見ています。今から脳力アップしましょう。

★~右脳と左脳のお勧め書籍はこちらから~★