意識を改革しておかないと、浄化が進まない。

意識を改革しておかないと、浄化が進まない。

「浄化」というのは何であるか?をとてもわかりやすく説明すると、
濃い口醤油のような闇が、薄口醤油にかわるようなことであります。

頭の中、腹の中にある影の意識、否定の意識に気づいておかないと、
新しいことに出会っても同じパターンの罠にはまることがあります。

意識を改革しておかないと、浄化が進まない。

awareness-reform-purification-01

地球が次元上昇していて早い速度で加速しているので、いままでがまんできたことが
できなかったり、適当にあわせていたことや、毎月の意識のずれがあぶりだされます。

毎日の見直しは本当に大事でございます。

狭い思考、古い価値観にこだわりをもつと、浄化できにくいので、新しいチャンスを受け取りにくいです。

では、どうしたらいいのかというと、
顕在意識だけで判断しないこと、内側をみつめる客観視、自分以外の価値観を認めていくこと、によって、
自分だけ意識に気づいて、新しい真水が流れてくるのではないでしょうか。

積極的に違う業界の人と話すということも、自己成長になっていきますね。

海が汚れていても上流から流れてきた川の水が海にながれこむことで、なんとか浄化ができる自然界です。
人間には、自分を悔いたり、責めたり、人を責めたりしてしまった過去がありますので、ほっておかずに、
新しい自分、生まれ変わる気持ちで、新たな意識で自分を改革していくことで過去の因果が浄化可能です。

シルバーあさみの心眼コメント

「浄化」については、一回でかけないのでまた続きは書きます。
「腸のデトックス」なら浄化の意味がわかりやすいと思います。
腸にたまっている宿便があると病気になりやすいが、プチ断食して水を2L以上のむ新しい習慣をとりますと、
デトックスされて、腸の悪しき影が浄化される訳です。その効果は、肌、全身、思考のクリアさに繋がります。