急務))各個人が意識を改革する実例とは?

急務))各個人が意識を改革する実例とは?

こんばんわ。かなり時間が加速しているので、悩みを持ちこすとチリと積もってしまいます。
逆に言うと、ちょっと歯を食いしばる課題もあれど今解決しておくと順調になっていきます。

今日は意識を改革する実例を知って、あらゆる年代、あらゆる業界で目覚めておきましょう。

急務)各個人が意識を改革するための実例とは?

実例1)
学校のいじめいじめられ問題について)
●夫婦間、親子間で、意地悪な思考や、意地悪なやりとりが日常茶飯であると巻き込まれやすい。
●他人に対していじわる発想をするような親をもつといじめ×いじめられる構図から抜けれれません。

実例2)
学校について)
●なぜあなたは学校にいきましたか? なぜ子供を学校に行かせますか?

実例3)
会社について)
●なぜ会社にいきはじめましたか?それは一体誰のためですか?

実例2)
夫婦、パートナー間の問題について)
●夫婦感が不調和な家庭なのに子供にあれこれいうと子供の心身が疲れやすく病気がちになりやすい。
●性格や価値観の違いに置き換え逃避すると溝ができやすい、毎日がとてもつまらなくなってしまう。
●「なぜこの人と同じ家庭内でむきあっているのか?」と考える人と相手のせいにばかりする人とは次元が違う

実例3)
格差社会について)
●国、民族、学歴、家柄、なぜこだわっているのだろう?誰を気にして何に対してこだわっているのでしょうか?
●誰をみくだしていたいのでしょうか? 誰からみくだされていたいのでしょうか?なぜ偏見があるのでしょうか?

実例4)
お金の安定について)
●将来の不安はどこから起きているのでしょうか? それは貯蓄法や年金で解決できるのでしょうか?
●なぜお金のために仕事をするのでしょうか?もしも億万長者だったら今の仕事はしないでしょうか?

実例5)
人生についての考察)
●「本当に好きなことをしていいよ」と神様からいわれたらあなたは何をしていきますか?
●「本当に好きなことをしていない」のは一体なぜでしょうか?何を目指していきますか?

意識改革するための質問や実例でした、ある程度ダイナミックにいつもと違う視点で意識を改革してみましょう。
自分だけの枠は小さい枠になってしまうことがあり、客観的といっても大して客観視ができない場合があります。

シルバーあさみの心眼コメント

地球にあと3年間しか生息できないとしたら、本当に今のままで悔いのない人生でありますか?