人間の闇は毛嫌いすると世界に闇が増えるのだ・・!

人間の闇は毛嫌いすると世界に闇が増えるのだ・・!

白い鳩、黒い烏、どちらも自然界がお教えてくれています。「どちらもある」ということです。2元論が次元上昇にはあっていない、善悪、勝ち負け、競争原理、光と闇もわけすぎないことです。人間の闇は加害者・被害者を分けてしまう。もちろん先般の「父親が加害者」の近親レイプのような犯罪は別として、戦争と平和は完全に別ものではないかもしれません。現に、「平和、平和」と連呼する人たちが戦争を起こしていますから。「アフリカから餓死者を亡くす亡くす」と連呼する人は餓死を増やすと知らないのですね。そういえば、私はこれで2012年、意識バトルしたことがありましたね。覚醒していないと顕在的な活動をいきおいだけでデモをしてしまう、現に当時より餓死者増えているではないか、、それはその本人の肉体に闇があり光とくっきり分離していたからです。何もしない人よりいいけど強烈に願っても私たちはアフリカに住んでないし、その前に日本でも餓死寸前の子供達がいるので、何を活動家に言ったのかと言うと「アフリカの餓死者撲滅より日本の餓死寸前の子供たちにできること」ですよね。」と。(個人的な見解)。私自身も「地球を愛の星にする」と理念に掲げながら、シークレットな覚醒者だけのセミナーでは「地球を暗闇にしたい」という意識を統合浄化してもらいます。これがわかる人は達人の領域なのですが、どうでしょう、ご理解頂けたでしょうか。結果、この作業を認識していると自身の惑星外の闇の無意識の認識も統合するまで必要だとわかります。光と闇が統合できないと闇が分離して言動が怖い闇現象を引き寄せることがあります。それが世界で起きています。高度な項目を書いてみます。何故なら世界の闇が根深いからです。

「平和の統合、浄化なんて素人にはできませんよ。」

「わッ、何?烏?」って言う人って、白い鳩になれないってことですよ。カラスも自然界の生き物ですからね。よって、金正恩さんをあまり嫌っていると攻撃してくるでしょう。あの人もよほど父親に否定されたのと母親から愛されなかった闇を権力に変えていたらおかしくなってしまったのかもしれませんよね。自然に生きられないと側が傲慢になりますよね。例えば、保育園の先生で夫の不倫がわかった瞬間、刺殺したいと思ったという実話がありますが、その間、半年間、子供を振れる手のシンパ数は低次元でありました。その闇の出所は自身の父親が母親以外の人と家出をして帰ってこなかった、それは生活に困った体験の闇が取り残されていたんでしょうね。その怒りは凄まじく身をこがすような怒りであったと体験者から聞いたことがあります。世の中にはこういうことがあります。差別されて育った人は苛めらるのをグッとこらえていますがある瞬間、落とし蓋がはずれると相手がぐうの音もでないぐらい痛めつける方法をとろうとすることがありこれが犯罪などにつながっています。顕在的に「どうして急にあのまじめな人が」とニュースでは報道するけれどひた隠しにした闇は解放されるまで「ある」訳です。比較的、幼少期に親から痛めつけられた人に多くなるようですね。

東京大学での驕りの強い女性が「人を上から目線で馬鹿にしていたら、子供の首にへその緒が絡まってしまって・・」という報告を聞いて驚いたことがあります。・・人間の闇は現象化されないと運命で片づけられてしまいます。とすると、黒い烏は人間の闇を具象化する鳥ということでしょうね。有難う。有難う。(この実例はあくまで知人の話でありすべてにあてはまるものではありません)、引き続き、実例で、「在日でしょうー」と差別的な発言をよくしていた女性は子供が●●●●になりました。「あの家庭はきっと〇〇だよね」という時代遅れの発想をしていた女性は、ご主人さまが●●●、自分が言っていた家庭環境になってしまいました。人間は闇があれどその闇を人に押しつけると必ず自分に闇現象が返ってくると知らない人が多すぎるので予防緩和のためにも書いています。闇はある、認識していると統合できるのだが、相手に虚言、豹変、表裏ある心がある人は生活苦になり烏につつかれる墓場行きでしょう。あえて怖い感じで書いてみました。犯罪、テロをおそれ過ぎないことです。理由はもうおわかりですね。

「嫉妬」と「性」が低次の闇を肉体に増やす闇であり「差別」は戦争を起こす闇。人間は人間が苦しんでいたりコマっているのを見たい闇がある人もいます。すると自分も落ちやすいです。もう一度書くと、闇はある。それで言動しないのは「倫理」です。私は高次元の存在に、「闇はあれど倫理あるなら統合できる」と聞いています。闇現象がでる人たちは倫理がない人間です。「倫理」は人の生きる道です。道を外れると宇宙は厳しいです。この地球は長い歴史をみてもそれは確かな事実ですね。

シルバーあさみの心眼コメント

「シルバーあさみの公式ブログ」を読んで「目覚めました!」「覚醒した感じ~!」という声を多数頂いています。その後が大事ですので丁寧にすごしましょう。アンデルセン童話や日本昔話も結構宇宙的というか闇を書いてくれています。「嘘つき」「手の平を返す虚言」「裏切り」が闇の現象結果になる物語がとても多いです。それは地球の真実だと思います。