イエス・キリストの生誕の日に意識改革ができるかもしれません話とは?

イエス・キリストの生誕の日に意識改革ができるかもしれません話とは?

世界は、イエス・キリストに影響されています。
西暦もイエス・キリストの誕生日が基礎ですね。

イエス・キリストは、12月25日に生誕したので、クリスマスで祝うが通例の行事です。
実は、新約聖書にもイエスの誕生日は記録がありません。本当に12月25日なのかはわからないのに、
世界中に「イエスの降誕日」として、前夜イブから当日25日まで、祝賀があるのが不思議物語です。

クリスマス(英: Christmas)は、一般的にはイエス・キリストの降誕(誕生)を祝う祭である(降誕を記念する日)。12月25日に祝われるが、正教会のうちユリウス暦を使用するものは、グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う。ただし、土着の冬至の祭りを後世になってから取り込んだため、キリスト教の祭事として重要度は殆どない(最も重要な祭と位置づけられるのはクリスマスではなく、復活祭である)。現在ではキリスト教の商業的、世俗的なイベントとなっている。

クリスマス – Wikipedia

イエス・キリストの生誕の日に「意識改革」ができるかもしれません話とは?

awareness-christmas-01

日本人というのは、本当に、精神性があるのか、ないのか、定まらないところが多々あります。
鈍感なところとして盆暮れに「浄土真宗」「浄土宗」などのお墓をお参りする習慣があるのに、
「キリスト教」のお祝い行事が、津々浦々まで浸透しています。あまり疑問をもっていません。

みなさまは、いつ、どこで、クリスマス行事を楽しみにした思い出などがありますでしょうか。

私は禅修行をした者としても、その師匠も日本のクリスマスがお嫌いだったので、現在も自分の感覚でも、
「365日同じ道」を極める人間として、クリスマスのお祝いや、浮かれた場所にいったことがありません。

幼少期は、行事好きな母親、行事嫌いな父親にはさまれて、プレゼントはいつも豪華にもらっていましたが、
(リカちゃん人形を買いにいったデパートで、父と母が大喧嘩したクリスマスは、長年トラウマの闇でした)
不調和で、ギスギスした悲しい記憶が多いです。10代最後は、クリスマスに、死のうと思ったぐらいです。

OL時代も、クリスマスパーティは避けるようにして欠席、1人で過ごすのが好きでした。そして禅修行へ。

セレクトショップ時代も、365日、仕事ばかりしていましたし、セミナー業時代も、同様でありますから、
「あれっ?今日は、クリスマス?」と当日、駅前の雰囲気でやっと気づくぐらい日常是好日感覚であります。

バレンタイン同様、このごろ、東京では、クリスマス意欲が薄れている街が多く、通常とかわらない感じですね~。
ケーキ屋さんは、それでは困るでしょうから、ポスターを張る時期でしょうが、ホールケーキなどはほとんど残る、
カットケーキの方が人気である、という状況が多いと、自由が丘のケーキ屋さんからも実際に聞くことが多いです。

クリスマスの一般的な意識も変化し、クリスマスで寂しい、ヒモジイ思いをしている子供たちが減るといいと私は思っています。

しかし、逆に、美術的に美しいイエスキリスト、聖母マリア、大天使ガブリエル、教会、ステンドグラス、キャンドルなどなど、
エンジェルたちに囲まれて、自分をみつめるクリスマスがいいのではないでしょうか? 私は10年、1人ですごしていますよ。

覚醒すると、一般的な行事に右往左往されなくなり、あたり前の行事、義務感から、「イエス・キリスト」の存在の意味や歴史を
考える機会にしていくことに興味がでます。知識があってのクリスマスだと思えます。しかし、イエスの存在は世界に大きいです。

肉体をもって悟ったイエスは、アセンションのマスターであり、その存在は、宗教を超えた存在として人間に教えてくれています。

★禅の師匠・数江先生が大変親しかった作家・遠藤周作著「イエスの生涯」★クリスマスの機会に一度はよむことお勧めします★

★★★★★

シルバーあさみの心眼コメント

祖母を尊敬、木や岩の自然崇拝が好きな私は、高校と短大時、毎週1回、教会で合同ミサの授業があるのが、なんだかいやでありました。
「右の頬をぶたれたら、なぜ左の頬をさしだすのですか?」と大学の宗教学の教授に質問をしたことがある生意気なほど教会嫌いでした。
短大生の時、長崎の大浦天主堂に修学旅行にいったとき、江戸時代に隠れキリシタンたちが、拷問にあった図を拝見して目を覆いました。
神父さんに「なぜ、こんな酷い拷問まで受けて信仰するのですか」とこれまた、生意気な質問をしたときに、神父さんがこういいました。

「愛です」