覚醒~母親を選んだと気づく~父親が金銭に関係あると知る~

覚醒~母親を選んだと気づく~父親が金銭に関係あると知る~

いよいよ闇あぶり出し作業も本格的となっています。その時に、「国会議事堂内の出来事」だと傍観してはなりません。
一般的なTV層の人もユーチューバーもツイッター民もフェイスブッグ派の方々も「おかしい・・!」と目覚めましょう。
そして急激な変化に対応するために心身をピュアにクリアにして「原点」に気づき、目覚め、覚醒しておきましょう。

~魂が覚醒する気づきの法則(R)とは~

私達の肉体の存在の根本を掴むためには、「魂のルーツ」に気づく必要があります。
「魂のルーツ」を紐解くには、「縦の線」「横の線」を理解しなくてはなりません。

日本には、いまだに3世代の連鎖の悪循環による強烈な争いや不調和や体の苦痛が多くあり、変えていく必要があります。変えていかなければ「自他共に幸せ」にはならないからです。「縦の線」の流れに気づくことがないと、不必要な固定観念、古い価値観など、両親から受け継いだ無用な意識や考え方が似てきます。ご先祖から解放しきれない、あまり幸せではない結果が連続して起きるのは、思い込みのエゴの事象にはまりやすいからです。「横の線」とは、前世の父親からの影響、3回前の過去性の母親からの影響という潜在的に影響がある観念のことです。3回前の過去性の未解決な案件として、潜在意識・無意識レベルに、3回前の過去性の母親の恨みの残骸があり、今世の母親に対して「許せない」という無意識が沸き上がる場合があります。実際に「許せない」という事象を人間関係でひき起こすのです。

私達は、父親・母親の両方の先祖の影響を受けてこの世に誕生し、過去輪廻転生で今ここに存在しているというのが「魂のルーツ」になります。
「魂のルーツ」に気づくことによって、大きく意識改革ができ、地球上の過去輪廻転生の中で目覚める時期がきます。

「母親との関係性」について今一度深く理解をして下さい。私達は自分自身で、今世のお母さんを選び、生まれてきました。
私達の魂が地球上で覚醒するために、母親との関係性にあるエゴを手放し、魂を磨くためには今世の母親が最もふさわしく、自身の成長に必要だからこそ、選んだのが今世のお母さんです。未熟な暴言で否定した母親であっても、狭い固定観念の過保護な母親であったとしても、「魂が覚醒する」ためにとても必要な最善の母親なのです。
生まれて0歳から12歳までの子供にとって母親の影響はとても大きな全宇宙的な影響があります。母親の表情や言葉、肌身に触れるその感触まで、潜在意識に色濃く刷り込まれます。子供はお母さんが「全て」です。母親は自分なりに一生懸命、愛情をもって自分の子供を育てようとそれなりに対応しているはずです。それでも母親も自分の母親に影響を受けた「縦の線」がありますから、「覚醒者」となっていなければ、「縦の線」「横の線」の多大な影響を持ったまま、我が子に良かれと古い価値観のエゴを押し付けてしまう可能性があります。
幼少期から潜在意識に刷り込まれたものに蓋をして、心身に痛みを感じるまで気づくことがないと、大人になってから悩み・問題という現象として現れます。

例えば、母親に「認めてもらえない」「否定された」という体験が潜在意識下に封印されていると、潜在意識にある「否定された傷」に気づき、魂を磨き成長させるために、目の前の現実の中で悩みとなる現象が起き続けるのです。母親との深い関係に気づき、エゴを手放し、言葉で「許し、認め合う」ことにより、悩みは根源から解消していきます。私達は、「母親のへその緒を離れた時から潜在的な影響を受け続けている」ということを明確に認識することが大切です。その上で、母親との関係性からの潜在意識にあるエゴを発見し、認識し、手放していくことは、私達自身の悩み・葛藤から解放され輝く人生へと進むだけではなく、「3世代の負の連鎖」を断ち切り「喜びの連鎖」にしていくことが可能となります。

シルバーあさみの心眼コメント

大変高度な「覚醒」の根幹を書きました。ご理解頂ける方は、覚醒しています。ご理解がまだできない、半分わかる方は、気づきの層の方です。するとまだ、お金、体、人間関係などに「両親が関係ある」と悟っていませんので、悟っていない分量だけ現象が片付きません。宇宙は凄いです。誰のせいにもしない「必然」そして、自らの魂の成長のために改善を促してくれます。上記はベストセラー「魂が覚醒する気づきの法則」(知道出版)の第一章にも詳しく記述しています。Rhineマーカーをひいて学んでいる方もいるとよく聞きます。上記に目覚めていると、「覚醒段階」も12~13段階であり課題の解決能力も高いです。まずは、ベストセラー「魂が覚醒する気づきの法則」(知道出版)をよく読んで覚醒しておきましょ

シルバーあさみ著「魂が覚醒する気づきの法則」はアマゾンから

~覚醒の関連記事で目覚めましょう~