人間は覚醒すると出来事や現象の捉え方の次元が高くなります。

人間は覚醒すると出来事や現象の捉え方の次元が高くなります。

「覚醒」すると眼の前が開けます。点と点がつながるように、線となり道が見えてきます。
岩の間からたくましく咲く野花を見て、このように生きていこうと感じることができます。

人間は覚醒すると出来事や現象の捉え方の次元が高くなります。

例えば、「子供がいない人生も自分にとっては学びであるわ」と捉える力はかなり次元レベルが高しです。(優位という意味ではありません)
また「自分が生まれてすぐに母親がいなかったのは何を学ぶためなのか」と厳しい人間関係を味わったがゆえに目覚めることもあるでしょう。

昨年まで上手くいっていたのに今年になってから金銭に詰まりがあるのは、日常をあたり前にしてしまったからかもしれない、ここで変えていこうと目覚めるとか、一般的にはどうやら、急に壁にぶちあたったり、片足が泥のぬかるみにはまったりして、なんとか気づいたり、目覚めたりするようであります。宇宙はあなたに必然と刻一刻と教えてくれています。

ところが、「必然」「宇宙」とかけ離れていると、誰かのせいにします。「あの人がこう言ったからこうなったんじゃないかー!」というように、他人を責めるわけですね。これでは、一向に抜け道がみあたりません。あまり心に泥がつくと、心身が重くなり、どうでもいい感じやなげやりになってしまう場合が大変危険であります。目覚めㇽとはほど遠いことになって、なおのこと、他人を責める、人のせい、会社のせいにして、目覚めにくくなります。その時に、●痛薬や睡●薬などを多量に飲むと、益々、目覚めにくく、鈍感になっていくことでしょう。「気づきは何だったのか?」見失うと体の現象にでやすいことがあるようです。

貧乏な家庭で育ったからこそ、働いてお金を受け取ることをクリアにしていく目覚めがあるのか? 他人に依存して相手からうばう人間となるのか?何を学ぶのか?

環境や体験から「覚醒」しかしながら、「覚醒したら」何のために生きているのか?徐々に明かされる?それこそが、本物の「覚醒」です。

シルバーあさみの心眼コメント

気づきレベルでは次元を超えられない次元になっています。また「覚醒」だけでも手落ちです。天地人として地球でどう生きるのか?でしょう。
丁寧に誠実に、究極の3月22日をすごそう。今日も満席の個人セッションで322前に闇の認識が連発してエネルギーが消耗してしまいました。短くてごめんなさい。

関連記事はこちらから。