「日常の悟り道」を継続して歩むと人生の道がハイヤーに切り開かれる!

「日常の悟り道」を継続して歩むと人生の道がハイヤーに切り開かれる!

地球上の歴史はどの国のどの時代も貧富、上下間、差別、暴力、男女の差、肉体の死の体験があり、魂が霊性進化するように繰り返して学びをしてきました。人生で学ばないと厳しい現実からやり直す計画になる訳です。地球で「転生のサイクルが終わる」と10年前の啓示で聞いています。それまでは「究極の学び」があるので1課題1課題、「必然」と向き合うしかないのであります。悩みの因、魂の成長どころの課題の意味がわかるのは、ハイヤーセルフに聞くことです。そうでないと、誰かのせいにしますから、何度も悪現象を繰り返します。

~輪廻転生を通して気づく魂の輝き~

顕在的な(誰から見てもはっきりわかる)現象には真実がないと、見えない世界に答えを見出そうとする、この方法に闇が生まれることがあります。過去世はあるが、過去世のせいにしたり、幼少期をインナーチャイルドで片づけたり、宗教に依存したりします。私は常から、潜んだ意識を認識してクリアにしながら明確に見える事実を結果として魂が輝く方法を「日常の悟り道」と題してきました。物質的な解決では補えない真理とは、天にも地(日常)にも答えがあり、自分の存在が今ここにあるということです。天はハイヤーセルフや高次元の存在、地は、地球上の社会生活です。社会の衣食住もパラダイムシフトのように極が分かれてその人のライフスタイルは目に見えるのです。しかしその次元は目に見えません。目覚めていないと世界の闇におそれおののくが、覚醒していると「眼の前の現実」を意識的に変えていけることを知るだろう。

カルマの連鎖を終わらせてエゴセルフから解き放たれると、この世の真実がわかり動じないことができます。死の恐れもなくなり、今ここにいるに集中していきられます。次元時空を超えて「ただここにいる」この一点のみ「無」「空」であること。それは肉体に囚われない魂の存在であると覚醒していると思考や体が低い次元に囚われないので爽快にすごせています。悟りの道は人によってはまっすぐに青空に繋がり、また人によってはイニシエーションや体験が残っていることでしょう。そのどの道も魂の次元が進化するためにある道であります。生きる道とは、日常の中にこそあり。

シルバーあさみの心眼コメント

「ハイヤーセルフに繋がる」の人類のテーマです。魂の進化に対して真逆な思考と意識をもつ人から厳しい現実となっています。本来、人間は魂進化のために輪廻転生を繰り返していて、どうあがいても、その結果が眼の前の現実です。気に入らない現実がある場合は、意識をクリアにハイヤーセルフの答えに従って社会生活をリアルにすごすことが「日常の悟り道」となります。地球は美しい、人間は美しい、人生は輝いている、そんな日常の悟り道を歩むためには覚醒の道を歩みましょう。