誰かのために命を輝かせないと、アセンションできないということ。

誰かのために命を輝かせないと、アセンションできないということ。

昨日からじわじわと次元上昇しています。次元が低いと頭痛や耳鳴りする人も多いかもしれません。
少食、オーガニック、気づき、魂を磨いていないと、特に、体面がひっかかる場合があるようです。

アセンションできる人とできない人

ascension-life-shine-01

今朝午前5時に自由が丘周辺をジョキングをしていると「自由が丘ロータスカリックス」のそばの、
日本一、有名なケーキ屋さん「モンサンクレール」にはたくさんの菓子職人さんが働いていました。
白い帽子と白衣をつけた約20歳~30歳の職人さんがモクモクとケーキの仕込みをしていました。

自由が丘学園のそばの工事現場前には、数十人が道路工事をテキパキとしていました。
ジョキングで通過しようとすると、「おはようございます」「道路ごめんなさい」と声をかけられて
とてもすがすがしく感じました。「お父さんありがとう」の無農薬白米を炊いてあげたくなりました。

こうして、アセンションの「ア」の文字も、「波動」の「ハ」の文字も知らないだろう人たちも
誰かのために仕事をしている「この方々は、アセンションができますか」と高次元に聞きますと、
「できる人とできない人がいる」ということでした。やはり、「光の速度」が必要でありますね。

また、地球に使命がある人が、誰のためにも何もしないと「アセンションができない」そうです。
これは、啓示の時にきいていますので「喝」をいれてきましたが、その役割も昨年終わりました。
「自分で決めてきた」訳ですから、それはそうだと思います。思い当たる人は、自立しましょう。

では、「アセンションできない」とどうなるのかというと、肉体が次元上昇ができないということです。
今日は、ここまでにします。

シルバーあさみの心眼コメント

急激に目覚めた人への対応策は、
シルバーあさみのオフィシャルサイト&シルバーあさみのセレクションHPに詰まっています。
まずは体をオーガニックにすることでしょう。こればかりは気づいた時には遅い場合があり、
それもあって「ミッション起業塾」に参加のリーダー達と、
「空間プロデゥース」力を生かして、具現化をします。

私自身の役割は「具現化できる人」に「ミッションコンサルティング」するというプロデゥーサー仕事です。
また「音」「波動」について目覚めた人や意識が高い人たちが取り組める方法を企画創作して考えています。
こちらも、発表を楽しみにしてください。