次元の隙間を生き抜く知恵とは?

次元の隙間を生き抜く知恵とは?

2日前からプログのPV数が上昇しています。その理由の「2020年までになくなる仕事」は今夜にでももう一度書く予定です。また「森友学園」をありがちな評論家の目線ではなく、これからの「学校の在り方」「認可とは?」「政治と教育は関連とは」と真剣に捉えた方が多かったからだと推察しています。「籠池理事長一家」VS「総理&大臣」の国会ドラマは興味深く面白すぎますけど、このチャンスに3文ドラマを見すぎて大事な論点を見失ってはなりません。日本最大の光のチャンスの扉があこうとしています。それが、シルバーあさみが事前に伝えている「次元期日22日」明けの「3月23日」証人喚問というのがどんぴしゃりすぎます。私達は淡々とこの惑星でアセンションする準備をしましょう。

~低次の闇を発見して目覚める一般的な日本人たち~

「こんなことが行われていたのか?」と一般人も一挙に「気づきの層」入りしました。ある意味、いい感じです。
また「国会中継」の視聴率が上がっていますので、メディアもここで視聴者をつかまねばと追い込みがあります。
今までチャンスをのがし続けた野党議員の質疑つっこみもするどくなりとても見ごたえ聞きごたえがありますね。

「虚偽ばかりじゃないですか!?」とつっこまれた●●大臣に後ろから肩越しにアドバイスする「官僚たち」も有名になっています。
ツイッタ―でも「「虚偽ばかりじゃないですか!?」にアドバイスがないと答えられないのが「虚偽だね」と炎上がおさまりません。

嘘つきがこんなにいる? 人間失敗したら謝って教訓していくのが人の道。事情があれど、嘘ついてこんなに心から誤まれないのは何故なんだろうか??税金で国会を開催しているのに!

この話は日本最大の闇の「パンドラの箱」がどこにあるのかわかるような大チャンスです。「パンドラの箱」は吉となるか災いとなるか人類が問われる時です。

※「パンドラの箱」
=決して開けてはいけない箱。ゼウスや神々からパンドラ(女神)は決してあけてはいけない箱(壺)を与えられていた、パンドラにはこの地球上の人間の災いがすべてつまっていた箱です。パンドラは誘惑に負けて箱を開けてしまった、慌てて閉めると中には「希望」だけが残ったというような諸説があります。

さて、現実の次元の低いカルマドラマと、ただ批判する層、まだこれでもまだ鈍感な層、気づき、目覚めた層の人達、また事実起きたできごとに解釈いれない心眼がある層の人達、魂レベルが何層にも波長と波動で折り重なりながら、私達は着々とアセンション(=自他共に幸せ)の準備をする方が得策であります。右往左往しない、しかし傍観者でない、その得策とは? 昨日、私は「生き残り」の得策が見えたように感じたので、3月22日明けに丁寧に「シルバーあさみの公式ブログ」に書いていこうと考えています。とくかくあと4日間、丁寧にすごしてください。

シルバーあさみの心眼コメント

私自身も「真実の道」を「シルバーあさみの公式ブログ」で書いていく範囲の「境界線」のラインを徹底的に精査して整えています。
人間修行がまだ終わっていない人でも真面目ならば伸び目があるので2016年内ならばアセンションができる要素があることでしょう。

もう地球では自他共に幸せになれない破滅的な人達もいます。日本はまだまだ道を歩けます。あたり前に思ってはいけないことです。
あまりあたり前の人達の%が多いと、北朝鮮から嫉妬を受けてミサイルの標的にされる確率があがってしまいます。危機感をもとう。

念のため、私は政党支持は特になく事実に対して答弁する各個人の身体を透視して書いてます。
その根拠は?それは「結果に現れる」。とにかくお詫びできない人間はチャクラが開いていない、よって平気で嘘をつけるのですね。