6月22日前の準備とは?どの扉を開けますか?

6月22日前の準備とは?どの扉を開けますか?

3月22日の次元の扉があまりに凄すぎて感覚が麻痺しそうですが、6月22日が近づいてきました。今週は「じわじわと急浮上」します。6月22日を超えたとたんにジェットコースターのように現実が変化することを体験することでしょう。あなたはどの扉を開けますか?ほんの少しの選択ミスで通過儀礼が変化してきます。扉の選択があっているのならば劇的にうまくいく・・。ここまでの純粋な努力が実るでしょう。つくづくエキサイティングですね。この時点において気づきがないと世も末です。「どうしてもこれだけはゆづれない」という執着だけは手放しましょう。

イニシエーション儀式に合格しよう!

人間生きていれば、「失望」や「無価値観」に陥るときもあります。宇宙はすごい、無駄がない、何もかも必然と起こしてくれる!その時は怒りや悲しみがあったとしても魂を磨いていると次の扉があくから、、安心してください。扉があかないのは、自分の欲とおごりと感謝ゼロの人だけのようですね。後ろから泥水が押し寄せてくるので扉前で・・残念ながら・・。その時は悔しくても、相手の思い通りになりたくなくても、宇宙は正確に公平に現象で結果を与えます。だから、誠実に大切に自分にうそをつかないで生きてください。「エゴの水は甘いぞ」とささやかれてイニシエーション儀式にひっかかるとここからは復活は厳しいでしょう。先に進めない、停滞していたい、ミッションなんかしたくないって、顔にでるわけです。愛と光を教えてもらって「ありがとう」が言えない人は本当にさよならですね。

今日はすごい日です。2020年までが見えました。私はとてもワクワクしてきました。努力の時代ではないというが、努力は実ると思います。怠惰は怠惰な人生の結果しかないのです。神様、今日、2020年までを見せてくれてありがとうございます。「孤独」も味わいながら、「友好な」スターシップ的なサポートも受けています。とにかく、いい加減な人間にだけはならないこと。有言実行できる人格者でいましょう。ハードルを倒しても走り直せばいいだけであり、「もう走れない」なんて甘ちゃんですよ。世の中を変えていきたいなら決断に決断が必要であり、それもできないで結果がでないなんて勘違いもはなはだしいことです。国会議事堂内、都庁内、虚言が多くてうんざりしますねー。虚言癖は「メンツを守りたい」「後に引けないブライド」などからでしょう、60歳、70歳になっても虚言があるなんて「哲学」はないのかと落とし前つけさせたい感じがします。ただし、私たちは淡々と適切に草の根運動しましょう。もうすぐ一気に罰が下る必要がある人にバツが下るでしょう。「改心」するならギリギリ622前ですが「改心」ない場合は地獄行き確定でしょうね。だって、日本には住む家がない被災者、児童養護施設の18歳の先、インターネットカフェで泊まる少女たちがいて、課題が山盛りであるから、○○学園の建築費用ですべてがまかなえるぐらいですよね。なんで~!!?と炎の怒りを持ちそうですが、大丈夫、大丈夫、それが誠実でないとしたら思い切り、落とし前つくことでしょう。宇宙は道に外れた人は許さないようです。詫びをいれるなら622前しかない、おかしな変な人たちにもイニシエーション儀式があるから詫びをいれたらいいのにね・・。あなたはどの扉を開けますか?正直で素直で自然な世界に飛び出しましょう。私たちは変な現象から教わっています。お陰様で目覚めが広がっていますからね。

シルバーあさみの心眼コメント

「命が輝いた」私は今日こそ、この言葉を感じる人とすごしていました。誰にわかるでしょうか・・?「地球を愛の星にするため」に日夜、統合浄化の作業を11年間してきたことを・・!この作業を自分で責めたり失望したり、満足したり感動したり感謝したりしてきたけど、あと3年間の命輝かせる方法が決まりました。それができるかできないかは己次第、宇宙次第です。アセンションは起きています。私は明るい扉を開けました。今日はゆっくり寝れそうです。おやすみなさい。志貫く者に宇宙は与えたもう。