約5万人の臨床結果、「ありがとう」が言えない人に、金銭の悩みが深い事実とは?

約5万人の臨床結果、「ありがとう」が言えない人に、金銭の悩みが深い事実とは?

日本が格差社会になっていて、豊かな層と貧困層が2極にわかれはじめています。
中間層が予防しなくてはならない事前の捉え方です。

「お金」で悩むということは、思考があっていないのであるという認識をして、
「お金」について、考え方をかえていくしかありません。

「シルバーあさみの公式ブログ」は、
素直に人生のヒントにしてほしくて書いているので
ぜひ、豊かな人生を送るために参照にしてください。

約5万人の臨床結果、「ありがとう」が言えない人に、金銭の悩みが深い事実とは?

arigatou-money-troubles-01

小学校で、「国語」「算数」「体育」のように、
「お金」という教育があるといいと思いますが、
現在は「お金」授業がある学校少ないわけです。
すると、「お金」について、いったい誰から教育を受けたのかというと
両親から身近な大人から使用方法を教えられたのだと気づいてください。

そして、その講義や、教育が、あっていないとすると、社会に出てから、
金銭に困窮したり、お金をうばいあったりすることになっていきます。

(また、3世代カルマも多大にご自身に影響があるのですが、
その話はながくなるので、また別途「お金」項目に書いていきます。)

「お金」について、「お金」なんか、「お金」だけが人生ではない、とかとか、
「お金」は働いただけ、「お金」と人生は別、働けど「お金は」というような、
思い込みは、幼少期の2歳の時にはなかった訳ですから、18年ぐらいかけて、
じわじわと、またはカツカツと、間違った「金銭感覚」をもったような方々が、
現在、生活が厳しい金銭事情であると、知っておきましょう。

要は、荒れた家庭にお金の困窮があるということは、言葉や表情も荒々しい場合があります。

親子関係が険悪で、責めたり、意地悪したりされていると、
大人になって、お金について、誤った社会生活を送ってしまうことがあるようです。

一般的な層の方は、そこまでいかなくても、
案外「あたり前」「学費で青年をおいつめる」「塾代がかかるのよ」などでも影響はあります。

「ありがとう」を人に言えない、また、人に与える、人を喜ばせる、ことが、欠落していると、
金銭面は、困窮していきます。これは、確かな宇宙の法則。

「お金」に対して、安定している層の方は、幼少期の親の言葉が整っていた場合が多く、
学費をだすのも、自然である、親の責務であると考えていきますので、
子供を追い詰めるような言葉はいわない方が多いように感じています。

「親としてできることはしていく」という家庭環境で育っていると、金銭感覚がクリアであり、
比較的、他者にたいしても、思いやりと尊重があり、
お金を大事にする人、場所、物を大事に捉える力がある人と臨床結果で思うばかりであります。

シルバーあさみの心眼コメント

この惑星「地球」は、お金で、学べる星です。
ということは、「お金」で学びが進んでいないと、金銭が劣悪化していきます。

「お金」で何を学ぶのか?「お金」を学べる、ありがたい「お金」と捉えるのか、
「苦痛の種」と捉えるかで、2極に完全に分かれていきます。

今のうちに、同じお給料、年収だとしても、「お金」の捉え方で、今後の人生が、
「快」か「不快」かわかれる「お金」の学びを探求しましょう。