「因果応報」親は子に、子は親に、したことは返る。

「因果応報」親は子に、子は親に、したことは返る。

「因果応報」とは、「因」に応じた「結果」があること。心や体に「悪しき種」があると「その結果」が自分にあるということ。「よろしい種」(徳)が思考にあると「その結果」が自分の人生に起きるということです。そして、これは、短期間で自分に返ってくる場合、長期間かけて人生の末路に結果となる場合があります。親が子にした行為は見事に人生かけて最後に親に返り、子(18歳以上)が親にした行為は社会生活の結果となります。それは互いに望んでいなくても・・。又、「因果応報」は過去世、惑星外、アトランティスなど多岐にわたり、いずれにせよ、己の行為(言動)は自分に返るということは確かでしょう。
日本に生まれてきているライトワーカーの因果応報の結果は、↓↓日本列島の現象に「因果関係はある」↓↓

~この社会は魂が腐っている人間と、日々懸命に向上する人間に真二つに別れている~

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申し込み後に購読可能)