昭和、平成と時代を乗り越えて、人間は何を学んでいるのだろうか。

昭和、平成と時代を乗り越えて、人間は何を学んでいるのだろうか。

こんばんわ。東京では早くも日常が戻ろうとしています。あなたの街はどうですか。「365日是平常心」を伝えている私でも、「正月」という風物詩が本当に無くなってきたことを実感しました。明日から仕事の方々も多いことでしょう。家族問題やおひとりさまが各個人に孤独につきつられるような3日間も終わり、「何のために働くのか」答えがでないまま、また、満員電車に乗る人達・・。サザンオールスターズの歌「しんどいね 生存競争で生きていくのは。自分のために人を蹴落として成りあがることが人生さ♪」(闘う戦士たちへ愛を込めて歌詞引用略)「勝手にシンドバッド」のように生きられるといいのだが、そうもいかない世の常に・・家族、職場で「ありがとう」さえお互いに声かけあえれば、まだ「しんどさ」も乗り切れるのではないだろうか。皇居の一般参賀は平成過去最多の約15万人を突破!昭和、平成と時代を乗り越えて、人間は何を学んでいるのだろうか。インターネットで妙に繋がりながらも、他人に無関心な新時代となりませんように、「平成」の終わりにつかみたい、「本当のこと」。↓↓取り返しのつかないことになりませんように↓↓「有料ブログ」をご購読ください↓↓

「天使と楽園の幻視を1日に七度も体験しました。」

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)