「悪いニュースほど直視する。それが最悪を防ぐこと」

「悪いニュースほど直視する。それが最悪を防ぐこと」

NHK特集で1997年(平成9年)山一証券が倒産した当時を追っていました。「「脳梗塞」になっても「血管」が切れても「会社のため」と思って働いていた同僚ばかりであった」と当時の幹部が語っていました。約20年前のこのサラリーマンの心情がわかる人達も減ってきたのかもしれません・・。約8000人の社員は倒産当日、その事実を知ったという衝撃のニュースは私も今でも覚えています。「社員は悪くありません」と号泣した社長の記者会見が生生しい。当時は「これは私達のために起きている」「この人生の危機を乗り越えるしかない」という方は極少数だった次元ですから、ここで特集されない「人間ドラマ」「家族ドラマ」が8000人分はあったことでしょう・・。「悪いニュースほど直視する。それが最悪を防ぐこと」この幹部の言葉が心に響きました。↓↓インターネットに全世界があると思い込んでばかりいると、思わぬ事態に巻き込まれる恐れがあり。ここから先は「有料ブログ」で危機管理能力を高めましょう。↓↓(※情報だけとって短期間で退会する場合は、法的な処置をする場合があります)(※マナーを守って購読してください)

「自分のしたいこと」をインターネットで検索する自由さと忠誠心のなさとは?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)