「遺伝子組み換え食品」ではありません、「ケルトレイム散布」ではありません!?

「遺伝子組み換え食品」ではありません、「ケルトレイム散布」ではありません!?

こんばんわ。不穏な第二フェーズの開始です。だからこそ、地に足つけて胆力つけておきましょう。10年前との大きな違いは、気づき目覚めている人達が増えているということです。そのような方々は「新時代の対応能力」が高い訳です。本格的な「地球の新時代」を迎える前には「闇あぶり出し」「淘汰」「浄化」が起きます。敏感に異変に気づきましょう。「まっ、いいや~」と添加物の多く入っている弁当を食べ続けて血液がドロドロになってから血を「浄化」するのは並大抵ではありません(あくまで例え話)。食品の提供側も気づけば体に良き食材を勧めるでしょう。「「添加物・保存料」が入っていない弁当です」と垂れ幕がある弁当を選ぶ人達も増えてきています。まさか、体に悪影響とわかって作り、販売する人達もいないだろうー。要は、全てに対して鈍感ではならないということ。第二フェーズは、鈍感と鋭敏のせめぎ合いの現象も起きます。「遺伝子組み換え食品ではありません」とわざわざ書いてある豆腐や納豆を選ばなくてはならない残念さ、と賢い選択の敏感さが増えてきたと思ったら、その「遺伝子組み換え食品」表示がなくなる危機が起きています。敏感な気づきの選び手が困ることがなきように今から「種子法」に気づいておきましょう。東京上空に異常に増えているヘリコプターと小型飛行機は「何のためですか?」と敏感に気づいておきましょう。ま、まさか、ケムトレイル散布か~? 私も「光と闇」を執筆しすぎてストレスで思いこんだのかしら?本人達も散布を浴びるしね~、いや、決まった時間だとしたら地下シェルターか~?「!!」「まっ、いいや~」という人達は後の祭りとなってしまう。今日も気づき、目覚め、時代を生き抜く秘訣を「有料ブログ」で学んでください。↓↓(※ケルトレイム散布=インフルエンザウイルスなどは凍結したものを人口繊維の中に封入し都市上空から航空機によってウィルスやパウダーチップを散布すること)(スノーデンの告発にもある)

~アセンションの事実を知るほど、「悟りの道」の大事さがわかる~

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)