親子間の因果関係が理解できると、「覚醒」するだろう。

親子間の因果関係が理解できると、「覚醒」するだろう。

「赤ちゃんは母親のお腹から出産直後、へその尾をきった瞬間から、心身の形成に母親の影響が約80%程度あります。例えば、母親に触れられた、触れられていないということは、潜在的に大人になってからも人間関係に影響があります。赤ちゃんは「白紙の画用紙」のようなものですから、母親が無関心な感じ、泣いたら抱き上げてくれた、来てくれなかった、過保護だった、心配性、不安性だった、など、記憶としては忘れてしまっているのですが、その言葉、表情などの反応を「肌体験」として「潜在的」に受取っています。五感が芽生えて、「自分が母親にどのように取り扱われるのか」ということを、今は記憶がないとしても、全身で幼少期の環境下の中で教育されてしまっているのです」「気づきの法則」(シルバーあさみ著)・・「桜を見る会」は来年中止となりましたっ!やったぁー!税金は無駄なく使用しよう。

人間界の基本は「因果関係」の答えをだせるかということ

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申し込み後に購読可能)