「東京オリンピック」開催の闇と「日本の復興」の光を考えよう。

「東京オリンピック」開催の闇と「日本の復興」の光を考えよう。

こんばんわ。大坂なおみ選手の活躍は素晴らしかったですね。実情は、試合途中から「ブーイングの嵐」だったようで、悲しい笑顔が心情を物語っています。爽快な優勝でないのが残念でした・・。しかし、その精神力は見事でした。日本式に相手を尊重する「会釈」がテニス界にも広がるといいです。そう、体操パワハラ問題は、「もういいよ」と誰もが思うようなしつこい報道です。スポーツ業界も2020オリンピックの次元上昇前に「光と闇」が交互に現れています。「スポーツ精神とは何なのか」それぞれの業界に答えがでることでしょう。「東京オリンピック2020」の開催に賛成でない私は(日本には解決しなければならない課題が山積だから)東京オリンピックの開催よりも、日本が生まれ変わることを望んでいます。少し、見落としてしまうこと。オリンピックのために築地の店舗が廃業に追い込まれること、オリンピックに投じられる税金の額約1兆4千億円、運営ボランティアの集め方の是非など。確かに、スポーツ選手から元気をもらったり希望をみたりはする・・しかし、日本全土の災害の復興が2020年までにできるのか、「日本の復興」とどちらが大事なのか、など。1人1人が見落とさずに考えておきたい。↓↓


(新宿都庁のオリンピック旗前で2020黄金の国を誓う)

「東京オリンピックの開催はないだろう」まだまだ起きる自然災害を2020年復興できるのか?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)