魂の教訓と相手への詫びがあれば、自分を責めないこと。

魂の教訓と相手への詫びがあれば、自分を責めないこと。

突然ですが、「教訓」していますか?相手にお詫びをしましたか?・・それなら、自分を責めたり過去を悔いるのはやめましょう。但し、そうでない場合は、悪しき種が体に埋め込まれています。これは、見えない種のようで、その人の眼の前の現実の結果となっています。よって、「眼の前の出来事から教わる」このことだけは、「肝」に据えて日々過ごしましょう。人間は失敗もします。パーフェクトな人間なんていません。だからこそ、魂を磨いてランクアップしよう。「眼の前の出来事から学ぶ」と気づく!

お天道さまに嘘つかない生き方とは何か?