1945年8月15日第二次世界大戦終戦。私たちはこの日を忘れてはならない。

1945年8月15日第二次世界大戦終戦。私たちはこの日を忘れてはならない。

1945年8月15日第二次世界大戦終戦。私たちはこの日を忘れてはならない。猛暑であっても台風であっても自然のことはそのまま受け入れて生きること。(防御は必要)しかし、青い空に爆撃機は一生避けたいと願う。香港の若者の「自由」「弾圧されない」という勇気の力を破壊するものが、中国軍の戦車や香港警察の武器であるとしたら、まだまだ世界は武器に支配されていて、「丸腰の若者に戦車?」この光景が意味を成し、世界各地が目覚めていくのだろうか。1945年8月15日第二次世界大戦終戦。私たちはこの日を忘れてはならない。自由になれない国で、祖父、父は、戦後の焼野原から語れないほど辛い日々を乗り越えて、現在の日本にしてくれました。祖母、母は、家庭を守り、育児して、その身と人生を安心のために捧げました。そのようなシニア層の老後が困難であるのは、とても解せません。せめて、息子、娘が「今日まで有難う」と伝えることで、心身もお楽になるのではないでしょうか。そんな終戦記念日に。↓↓

人間が生きる上で、大事なことを忘れた人が多すぎると危険な兆候が増える!?

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)