「境界線」を整え、淡々と仕事や家事をすることが「生き方」の土台が安定する。

「境界線」を整え、淡々と仕事や家事をすることが「生き方」の土台が安定する。

「境界線」が整うと自分自身に起きる全ての出来事が、自分を成長させるために「必然」に起きていると理解が出来る。例えば、体面に不調が出た時「流行っているから風邪をひいた。」「重いものを持ったからぎっくり腰になった。」と身体の不調の原因を「何か」や「環境」のせいにしていると体面の「境界線」が乱れます。身体に不調があるのは、潜んだ意識にエゴがあるからです。エゴに気づかないと、不調は続くでしょう。不調の原因であるエゴに気づくためには、「境界線」の捉え方が必要です。体面の不調が出る前であれば、まず、今健康で元気に動ける体に感謝をしよう。相手の相談の悩みを聞いてしまい、体が疲れるのは「境界線」が整っていないし、人の要望を受けすぎて疲労困憊しているとエネルギーが消耗し、肉体を痛める。「境界線」を整え、淡々と仕事や家事をすることが「生き方」の土台が安定する。「体」を健全にするためには「境界線」を真に理解し捉える事が重要であること。「境界線」を習得し「エゴ」が無い状態になること。すると、目の前の現実は変わり「爽快な人生」に「シフトチェンジ」していくでしょう。↓↓

「己を見直す」習慣がある人には、悪現象がでない。