「光の道」に歩むことは「境界線」と「気力」「胆力」がいる。

「光の道」に歩むことは「境界線」と「気力」「胆力」がいる。

世の中が乱れているので、「境界線」を徹底しましょう。人間関係の「境界線」です。「価値観が違う相手にも、境界線をもって、責めずに、感情を一切いれずに、ありのままに伝えられること。」「大事なことは対面で伝えられる発言者になること。」「人間関係の中で魂を磨くことができるのも境界線が整っているからである。」「誰にも何にも期待しないこと。信頼しないことではない。」「境界線が整っていると一定の距離感を保ちながら、心地よく過ごすことができること。」「実際に境界線を意識して相手と対峙してみることで整っているのか、いないのか分かる。」「相手に要求していたり、無頓着だったり、依存が強い状態は、境界線がない状態である。」「母親とふれあいが少ない幼少期を過ごすと境界線が分からず、トラブルが多い。相手に要求しないことが回避策となること。」普段から「境界線」に注意することで、低次の事象と引っかかりません。まわりをよく見て、自分が高められる相手と接するようにしましょう↓

最悪なる8月の世界恐慌がやってくる前に。

↓ここから先の続きの話は有料ブログでぜひご購読ください↓(下記申込み後に購読可能)